auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年一年、当ブログをご覧いただきありがとうございました

今年はいろいろあった一年でした。

昨年の休職に続き、今年の2月頃まで休職。その後復職してリハビリ勤務を経て、5月からは現職に就きました。

さて鉄道趣味関係では、一番のトピックスは、大宮に鉄道博物館がOPENしたことですね。
近所にあんなのができたのは嬉しいのですが、いつ行っても混んでますそれが悩みの種



さて、来年は仕事の方をなんとしても軌道に乗せていきたいと思います

趣味の方では今年以上にいろんな所に出かけたいですね

大晦日はと両親と弟夫婦と実家で紅白を見て過ごします

こんなブログですが、来年もひとつよろしくお願いします

それでは皆様よいお年を~
スポンサーサイト
昨晩はの友達に誘われて、3人でアカペラライブに行ってきました。
場所は東京・吉祥寺。(住みたい街人気NO.1です
数年前までは、よく遊びに行っていた街だったので懐かしいですね。

さて今回のライブは「香港好運(ホンコン・ラッキーズ)」という男性6人組のアカペラグループのワンマンライブでした。
1992年に結成のグループで今年で15周年を迎える息の長いグループです。
そもそもの友達が趣味でアカペラを習いに行っているのですが、そこの講座の講師をしている方が、「香港好運」のメンバーという事で、その彼女から前々から誘われていたのですが、今回ようやく都合がついて行けることになりました。

17:30の開場時には行列が出来ていて、ちょっとのんびり行ったのであんまりいい席ないかな~と思ったのですが、端の方でしたが、前から2列目を確保運よく3人分空いていました。

18:00いよいよ開演となりましたが、登場の仕方に度肝を抜かれました
ステージから登場かと思いきや、いきなり後方からメガホンでアカペラを歌いながらの登場。
カバーあり、オリジナルありと曲もバラエテイーに富んでいて聴いてて飽きがないですね。迫力あり心に響く歌、しっとりとして心に染み渡る歌、どれも上手かったです

ライブが終わる頃にはすっかり虜にされていました。
やっぱり、生はいいですね~
生最高~

来年もまた行こうかなぁ~。

終わってから3人で軽く食事をしながら話に夢中になっていたら、オヤオヤあっという間に終電のお時間でした

吉祥寺駅前のイルミネーションです


【08.01.09写真追加】
来年3月に実施されるJR各社のダイヤ改正が発表になりましたが、JR西日本がついに山陽新幹線からの0系引退を発表しました営業運転からの引退は08年11月末。

1964年の東海道新幹線の開業に合わせ開発された0系はそれまでの日本の鉄道の常識を大きく塗り替える事になりました。
また海外に「シンカンセン」という言葉を浸透させたのもこの0系があったからです。鉄道発祥の地、イギリスのヨークにある国立鉄道博物館にも収蔵されています。

その0系がついに表舞台から姿を消すことになりました。

次々と新型車両が登場する中、最高速度が220km/hまでしかでない0系はダイヤ編成上のネックとなってしまったようです。
現在は新大阪~博多間で6両編成6本が走っています。

話は変わりますが、JR東海とJR西日本が共同開発したN700系の増備が進むことによって、東海道区間から撤退する予定の500系のその後も気になります。それについても記事がありました。
それによると今回の0系の引退により、なんと500系を8両化して「こだま」に充当するのだとか・・・

オイオイ

せめて「ひかりレールスター」にしようよ・・・
個人的に500系は新幹線の中で一番好きな車両なので、こんな結末になるのは非常に残念です。8両化は致し方ないにしろ、「こだま」運用とは・・・
あのスピード感あるフォルムがもったいないというか、まず似合わない
700系「ひかりレールスター」を「こだま」運用にして、500系を「ひかり」運用に入れて欲しいですね~。
レールスターに抜かれる500系・・・想像したくない・・・
さて、短時間の尼崎滞在でした。

まぁ、今回は半分仕事みたいなもんでしたからね・・・

帰りは、尼崎を16:16発の快速電車で新大阪へ。

お土産もゆっくり見る間もなく新幹線ホームへ。

もう16:40発の「のぞみ140号」の入線時刻でした。

さて今回何故「のぞみ140号」なのか

SOそれは「のぞみ140号」がN700系で運転されているからです

ちなみに行きに500系を選んだのは、N700系が増備されてある程度本数が揃ったら、500系は東京にはやって来なくなるからです

乗る機会があればその時に乗っておけと今回選びました。
乗り比べもできますしね

500系は個人的にはスピード感あふれるフォルムで好きなんですけどね
車輪を取ってリニアにしても使えそうな感じがするし・・・イメージでですよ。

やはりまだ本数が少ないせいか、写真撮ってる人が多かったですね。
N700系先頭車です

車体横のエンブレム(

乗車口案内板にも「N700」の文字が


座席とかは500系のほうがしっかりしてる感じがしました。N700系は、700系に似て軽量化を図ったためか、座席が安っぽい感じがしました
車内のドア上の表示装置はフルカラーLEDで、しかも従来に比べ大きくなっていたのでニュースとかが読みやすかったですね

「のぞみ140号」の指定券

行きの時にちょっと書いた、往復割引を適用した乗車券です

本来、尼崎までなら片道¥9,030×2=往復¥18,060(587.9km/片道・往復割引適用外)
それが、神戸市内往復で買うと¥16,820(601km以上/片道・往復割引適用)となって、¥1,240/1人お得
知っておくと、ちょっと得する鉄知識でした。

余談ですが、帰りに東京駅で途中下車してリニューアルオープンした大丸・東京店の地下の弁当売場でお弁当を買って帰りました。
銀座・鳳鳴春のお弁当
美味しゅうございました
のぞみ17号は時刻どおり12:17に新大阪に到着。
ここから、新快速に乗換えて尼崎へ。

新大阪大阪尼崎に停車
う~ん。あっという間ですね。223系新快速は速いですね
何度乗ってもいいですね東日本だったら絶対追加料金取りそうな電車ですね

さて尼崎に到着したのは1時少し前。
「ホビスタとはどこかいな?」と『ぐるなび』の情報をもとに歩くこと約3分、1Fにスーパーの入った建物にホビスタの看板がありました。
ホビスタとは建物全部ではなく、ワンフロアを指してのことのようです
エレベーターで3Fにあがりくねくね通路を歩いていくと、開けたところにでます。

と、眼前には大きな鉄道模型ジオラマが
こんなのもきっちり作られていました
餘部鉄橋ですね。

ここがホビスタのようです。
中央に「西日本最大級140㎡」を誇るジオラマがあり、その周りに様々なホビーショップが並んでいます。
その一角に「銀座パノラマ・尼崎店」はあります。
銀座店よりも広いスペースの中央にはここにもジオラマが。
ちなみに巨大ジオラマの方は、少し大きめのHOゲージ、パノラマ店内はNゲージです。
こんな感じです
ちょうど通過中なのは「カシオペア」です

店内の様子

ちょうど空いている時間でしたのでこんなもんですが、週末は子供連れで混みあうそうです。
夜のお供にはこんなのもありますよ

Train Cocktailです


新大阪16:40発の「のぞみ140号」の指定を取っていたので、16時少し前にはホビスタを後にしました。
また大阪へ遊びに行った折には寄ってみたいですね。
大阪近辺にお住まいの方だったらオススメのスポットですね。
尼崎なら、JR神戸線・JR宝塚線・JR東西線が交差する駅ですからね。
はい、今日は先日の予告通り尼崎にいってきます。

目的は尼崎駅前にある複合施設「ホビスタ」の見学です。

東京09:50分発の500系「のぞみ17号」でまずは新大阪に向かいます。

余談ですが、ウチから尼崎の単純往復きっぷを買うよりも、神戸市内行の往復をかったほうが、一人¥1,240安かった
往復割引ならではの裏技ですね

東京メトロの綾瀬検車区見学を終えたのが、12時半過ぎ。
それからお昼を食べながら、同行の会社の鉄仲間とこの後どこへ行こうか相談・・・・・。

「地下鉄博物館は?」
「遠いつくばエクスプレス(TX)に乗ってつくばは?」
「ただ乗るだけでしょ?それにTX高いし
「じゃあ、東武博物館は?」
「東武か・・・ふむ、行った事ないし行ってみるか」

ということで、東武博物館行にケテーイ
北綾瀬の駅に行くと、ちょうど5000系の綾瀬行が停まっていました。
これに乗るのかと思いきや、
「写真を撮る」
というので付き合って、次の電車まで待つことに。
自分は、来るときに撮ったのでよかったんですけどね~。
そのあとに来た、6000系の綾瀬行に乗って、綾瀬へ。
綾瀬からは小田急線直通「多摩急行 唐木田行」に乗車。
「急行」と書いてあっても代々木上原までは各駅停車なんでなんか意味ない気もするんですけどね~。

次の北千住で下車し、東武線に乗換えて東向島へ。

東向島の駅で降りるとすぐにありました。「東武博物館」。
場所は東向島駅の高架下です。

入口を通り越してまっすぐ進むと、DRC(デラックス・ロマンスカー)と呼ばれていた1720系特急車と、日光軌道線で活躍していた200形が飾られています。


この2両は、建物の中から車内に入れるようになっています。

さて入口で入場券を買い求め、中に入るとまず飛び込んでくるのは、旧型のデハ1形電車です。西新井行のサボがかかっていました。

その他にも展示車両の中には1700系が登場する前まで特急として使われていた5700系や、東武の貨物用電気機関車ED5010型などが展示されていました。

5700系は残念ながら運転室まわりの部分だけでした。客室も残してくれればよかったのに・・・と思いました。

2階へあがると面白いものが見られます。一緒に行った同僚は、他の展示物よりもこっちの方が気に入っていました。それは、線路の伸縮つなぎ目が間近に見られるように窓が設けられている一角があります。「ウォッチングプロムナード」と名づけられていて線路だけじゃなく、電車の床下が良く見えるようになっています。なぜなら・・・ここは東向島駅のホームの下だから
通過する列車も迫力がありますし、停車する列車なら足回りがよく観察できます。同僚には大宮の「鉄道博物館」の新幹線が良く見えるところよりも、こっちのほうがいいようでした。
充分に列車の行き交うのを堪能して東武博物館を後にしました。

ここからは東向島曳船永田町赤坂見附新宿と乗換え、同僚とは新宿で別れ自分は埼京線に乗り帰りました。

東武博物館は思っていたより、楽しめました。入場料200円も安いですしね。
次回は地下鉄博物館も行って見たいですね・・・いつになるかはわかりませんが。

記述訂正:07.12.19
先日のタモリ倶楽部を観た方はご存知だと思いますが、今日は東京メトロの綾瀬検車区の公開がありました。

事前にはがきで応募して10,000名様ご招待ということでしたが、会社の鉄仲間が当たったので一緒に行きました。

北綾瀬の駅に集合ということで、自分は最寄駅赤羽西日暮里綾瀬と乗換えて北綾瀬まで。

途中、京浜東北の東十条の車庫にE233系1000番台が停まっていました。
西日暮里からはJRの203系、綾瀬北綾瀬間は5000系使用の臨時列車が走っていました。

さて、北綾瀬駅から徒歩で約10分ほど歩いて綾瀬検車区へ。
展示車両は、10000系、9000系、06系、6000系の4種。


その他、体験乗車が出来る車両が5000系と旧・日比谷線の3000系。



3000系は日比谷線での運用を終えたあと長野電鉄へ譲渡されました。
3001・3002の2両が保存車として残されているようです。
5000系は東西線で走っていましたが、現在では千代田線の綾瀬支線(綾瀬北綾瀬)に3両編成がワンマン運転で残っています。
ちなみに5000系の一部は海外へ譲渡されています。

イベント会場は他にオークションも行われていましたが、なんだがイマイチ盛り上がりに欠けていましたね・・・出されるモノが、千代田線つながりで6000系のライトや尾灯、とかでした。
あとはグッズ売場をのぞきましたが、Bトレインは早々に売り切れたようで、あとは丸の内線のドア上の停車駅案内板とかが安めの金額ででていましたが、家に置き場がない

一緒に行った仲間も、3000系と5000系の動いているところが撮れればそれで満足なようでお昼過ぎには早々に引き上げました。
これだけではつまらないので、その後【東武博物館】に行くことにしました。
つづきま~す
尼崎駅の近くにこういう複合施設があるそうです。

なんでも西日本最大級の鉄道ジオラマがあるとか…。また、銀座にある鉄道模型バー「パノラマ」の姉妹店も入っているそうです。尼崎店の方はダイニングカフェ&バーとなっていて、お昼も営業しています。

今度そこへ行ってくる事になりました。半分仕事、半分はプライベートです。

本当はそのお店にウチのデスクのパンフレットを置いたりして、鉄道好きな方向けに、コラボレーションした商品が出せたらと思ったのですが、見えない力が働き、計画は頓挫

でも一度はお店を見ておこうということで、上司からも「行ってきたら?」とお声がかかり、行くことにしました
19・20が連休なのでそこで行ってくる予定です。ついでに、N700系か500系に乗れればいいですけどね
ご覧になった方も多いのではないでしょうか

先週・今週の2週に渡りタモリ倶楽部で、『タモリ電車倶楽部』東京メトロ編をやっていました。今回は南北線の9000系を貸し切り、南北線有楽町線千代田線と連絡線を使い、王子検車区綾瀬検車区まで乗換なしという大技を披露してくれました。

ご存知ない方に説明しますと南北線有楽町線へは市ヶ谷で、有楽町線千代田線へは霞ヶ関にそれぞれ普段は使われない連絡線というものが存在し、検査時の車両の移動に使われたりしています。

閑話休題

前回の京急貸し切りよりも一層パワーアップした感じがありましたね。それにしても電車の回のタモさんは生き生きしていますね~

そういえば15日に綾瀬検車区で撮影会があるようですね。

でも抽選みたいですね。今日が気を利かせて応募はがきを出してくれました。当たれば行きたいですね。
さて、少し間があいてしまいましたが、草津温泉旅行の続きです。

湯もみショーを見てもまだ時間があったので、湯畑から少し歩いたところにある「西の河原(さいのかわら)」に行くことにしました。
特に何があるというわけでもなく、まぁ、あちこちで温泉がボコボコと湧いているところです。
まずは入口と、その先の様子です。


こんな感じで遊歩道の両側いたるところで湧いてます。
こんな名前のついているところも・・・(湯気でちょっとみづらいかもしれません)


まぁ、こんな感じのところで少しぶらぶらしたらお腹も空いてきたので、戻る途中で、おそばを食べました。舞茸の天麩羅付でオススメメニューらしく、美味しかったです。

さてそれから再び湯畑へ戻り、お土産の温泉饅頭を買うことに。
昼間の湯畑はまた雰囲気が違いますね。


湯畑のすぐ目の前のお店でお饅頭を買い、荷物を預けてあるお宿へ。
お宿からは来たときと同じく車で草津温泉バスターミナルへ。

草津温泉バスターミナルでは、バスのチケットだけでなくJR線の切符も売っていたので、ここで帰りの長野原草津口駅までのバスの切符と、長野原草津口から最寄駅の切符も買いました。発行場所が「草津温泉駅」となっていました。
帰りの乗車券と指定席特急券


草津温泉バスターミナルから、長野原草津口駅までは約20分。その間なぜだか記憶がなく、気が着くともう駅に着くところでした。
長野原草津口駅


駅ではだいぶ待ちましたが、乗った特急「草津」がこの駅からの始発列車ではないため、ギリギリになるまでやってきません。なおかつ、写真を撮ってるヒマもなし。。。
結局途中、特急「水上」と増結作業をやる新前橋でやっとこさ、横の行先幕だけ撮りました。
特急「草津4号」上野行

あとは、途中の大宮で特急を降りて乗換えて、自宅まで帰りました。

今回高速バスを初めて使いましたが、渋滞とかがなければ乗換えもないし楽でいいですね。特に今回使ったGシート。良かったです~次、使うときもまたGシートにしちゃいそうです(笑)
今年も残すところわずかとなりました。

皆さんは今年一年どんな年でしたか?

記事に関係ないご質問などはコチラで承ります
今日は人間ドックデビューをしてきました

去年までは半日で終わるのでしたが、今年からいよいよ『1日コース』です。

面倒くさいのは、まず自分で直接病院に電話をして予約を取るということ。去年までなら行く所が指定されていて、希望日だけ会社の給与厚生課に伝えれば良かったんですけどね。

で、会社の健保組合から指定されてる中で、近所のところを探して自分で電話して予約を取り、その後健保組合のHPで行く病院を登録して手続きは終了。

後日病院から送られて来る書類に必要事項を記入して、必要な検査の準備をして当日病院へ。

当日は朝8:30に集合思いっきり電車が混んでる時間ですよ…。病院へ着いたら受付に書類を出して、着替えて待機。その後説明があって検尿コップを渡され、いよいよスタート

呼ばれるたびに様々な検査を受け、そしてまた待合室で待つの繰り返しです
誰もがそうでしょうが、一番嫌なのがバリウムですねアレだけは何度やっても抵抗感がありますねしかも今回は検査の最後の最後でしたから…嫌なのって早めに終わらせたいのに…

検査が一通り終わると、お医者様の診察があって、バリウム以外のものはほぼ全て検査数値がでていました。無事全て正常値の範囲内でした

その後、午後のスケジュールの説明を聞いて昼食となります。1日コースは、お昼が付くんですね~これはビックリでした。
さて午後なんですが、バリウムの結果説明を受けるだけで、それも希望すれば省略できるとの事だったので、省略させていただきました
なので1時頃には終了~。

終わるとホッとします。今日はそのあとインフルエンザの予防接種を受けて帰りました

これから毎年これがあると思うと、この時期にはブルーになりますね

とはいえ、皆さんも健康には気をつけましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。