auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前に駅で見かけたポスターです。

駄洒落たっぷりの車内マナーポスター

これもシリーズ化してますね

さてもう一点は、フルムーンのポスターです。
写真の橋の残骸のようなものは、旧国鉄士幌線にあった『タウシュベツ橋梁』です。もともとは「タウシュベツ川」に架かる橋だったのですが、ダム湖の糠平湖が出来たために水没することになりました。

現在では渇水時にその姿をみることができます。

なお、この橋を含め士幌線跡に残る橋梁群は「北海道遺産」に指定され、NPO法人によって保存されています。
一度行ったのですがまだ雪の沢山残る時期だったので橋の近くまで行くことができませんでした。いづれまた行きたいですね
スポンサーサイト
川場村の道の駅で見つけたもの・・・
それは
「日本一短い距離を走るSL」

というポスター。
(写真撮るの忘れました

ちょっと疲れが出ていたのですが、これを見たら「行ってみたい」という気が沸いてきました(鉄の性ですな。。。)
幸い場所も道の駅からそれほど遠くないところ。
時間をみるとちょうど16:00からの運転に間に合いそうでした。

その場所というのが川場村のホテルSLのあるところでした。
『たしかあそこには、SLの他に列車ホテルとして使っていた20系寝台車があったはず・・・』と思い、SLよりもそっちが見たい気持ちのほうが勝っていました。

しかし・・・行ってみると20系客車の姿はなく・・・新しいホテルの建物があるだけでした。残念。説明書をみたら、すでに老朽化のため、客車のほうは平成6年に廃車になっていました・・・。
こちらが説明書

フロントには先ほどの道の駅に貼ってあったのと同じポスターがあり、「入場券」(大人¥200)を購入するようでした。フロントの人がおらず、少し待つとフロントの人がやってきて入場券を購入。
こちらがその「入場券」


ホテルのフロントを抜けるとそこにはホームがあって、見ると遠くにSLが止まっていました。直線で100mもないようなところを2往復するようでした。
時間が時間だったのか見物客は自分たちだけ・・・いい大人ばかりでちょっと恥ずかしかったです(特に見たいのは自分だけだったし・・・家族はみんな付き合いできただけですしね・・・)
ホテルの人の説明で「1往復半したあと、ホームのところで停まるのでゆっくり見学してください」とのことでした。
で、SLの写真はこちら


運転室の中へも乗せてくれて、運転席に座ってハンドルを握って記念写真も撮ってくれました。ちなみに、たいした距離を走るわけではないので、石炭ではなく木を燃していました。
SLの運転をされていたのは、元機関士の方でこのSLもこの方が修理をして走れるようにしたんだそうです。この方がSLを観光資源として活用する事にすごく熱心な方で、いろいろ面白いお話を聞くことができました。
このSLも川場村のような山間の村でなく、前橋・高崎といった群馬県でももっと都会に近い場所での運転を望まれていました。確かに、川場村ではそこへ行くまでが大変ですからね・・・。

ちなみにこの川場にあるSLはD51-561号機で略歴は以下のようになります。
(入場券の裏にかいてあるものを抜粋)
昭和15年12月27日 旧国鉄苗穂工場で落成・函館機関区に新製配置
昭和51年3月1日 滝川機関区にて廃車(総走行距離:2581334.4km)
昭和52年10月6日 川場村が旧国鉄より無償貸借、「ホテルSL」を開設
平成18年8月28日 川場村「D51再生プロジェクト」発足、修繕開始
平成18年9月29日 JR東日本から川場村に無償譲渡
平成19年2月22日 ホテルSL30周年記念式典にて一般公開

北海道生まれ、北海道育ちのカマなんですね。

このSLの走る「ホテルSL」へ行くには、上越線・沼田駅からバスで30分です。
青春18きっぷなら、片道でも元がとれる距離なので興味のある方はいかがでしょう。
ホテルSLのHP(PCのみ)http://www5.kannet.ne.jp/~hotel-sl/index.htm
ひさびさの土日連休だったので、GW以来に実家へ帰りました。
せっかくなのでどこかへ行こうということで、玉原(たんばら)高原にある『たんばらラベンダーパーク』へ行くことにしました。

玉原高原は群馬県の北部に位置し、電車なら上越線・沼田駅からバスが出ています。
なら、関越道・沼田I.C.から一般道ですね。

今回は新幹線で上毛高原駅まで行き、そこで両親と合流し車で行くことにしました。

大宮から越後湯沢行の「たにがわ405号」(K46編成・200系10両)に乗車すると、自由席は連休初日ということもあってか、ほぼ満席でした。それでも、次の熊谷で意外と下車がありだいぶ空き、高崎でほとんど降りてしまいました。
まぁ、「たにがわ」じゃそんなもんでしょうね。
上越新幹線は今まで散々乗っていましたが、帰省の場合、高崎で下車なのでそこから先に行くことはまずありませんでした。
高崎の次が上毛高原です。ここは在来線との接続がない、新幹線単独の駅です。バス連絡で沼田・後閑・水上の各駅へ出ることができます。

上毛高原駅に11時過ぎに到着。
両親と合流し、『たんばらラベンダーパーク』へ向かいます。
上毛高原駅から後閑駅の近くを通り、『望郷ライン』という新しくできた道を約1時間ほど走り、『たんばらラベンダーパーク』へ到着。冬はスキー場として営業しているところを、6月下旬から8月いっぱいまでフラワーパークとして営業しています。

駐車場は結構な台数が停まっていて、群馬県内だけでなく関東各県のナンバーの車が停まっていました。園内に入るとすぐのところに、リフト乗り場と早咲きのラベンダー畑があります。
これはブルーサルビアです(入口近くにあります)


見所はリフトであがったところのようなので、まずはリフトで上にあがります。
リフトで上がったところが、標高約1,300m。日差しは強いですが、空気がカラっとしているのでさほど暑いとは感じませんね。
リフトで上がったところで見られる光景がこちら

ラベンダーのUP

ラベンダー以外にニッコウキスゲなどもあります


園内には他にもドッグランがあるせいか、犬連れの人も多かったですね。
ラベンダーパークを後にしたのが、14時30分過ぎだったのですが、下る時この時間でもまだ登ってくる車やバスが結構多くいました。
割と人気のスポットなのかもしれませんね。

さて帰りは行きとは違う道で帰ることになったのですが・・・途中で道を間違い、山中をウロウロしつつその後、川場村へ抜けました。
川場村の道の駅で一休み・・・とそこで、面白いものを見つけて、寄り道をすることにしました。
さて・・・なんでしょう
つづきます
今朝はいきなりやられました…

いつも乗る通勤快速で新宿に向かって爆走していると、またいつものごとく『赤羽台トンネル』を抜けたところで抑止が…
これもいつものごとく前の列車が乗降に時間がかかっているのかな~と軽く考えていたら

車内放送で『先行列車が池袋駅で車両点検をしているのでしばらくお待ち下さい』と…

あちゃー、こりゃまいったなと思ってもどうしようもない。耐えて待つのみ…それにしてもクーラーもう少し効かせてもよくないか?ちと暑い軽く蒸し風呂状態…


10分程足止めをくってようやく赤羽。

ここで運良く席GET
朝晩の通勤電車で席を確保できると楽ですね~。

そこからは一眠りして新宿まで。
2番線に普段はいないりんかい車70形が空のまま止まっていて、ドアも閉まっていました。

原因はコイツか…

でも車両点検の原因は何だったんでしょうね

月曜の朝からこれだとテンションも下がりますな
先日7日の日は普段目にしない485系3000番台車で運転されていた『ムーンライトえちご

今日は久々に帰宅時間が『ムーンライトえちご』と重なったので撮ってみました。
今日は普通に1500番台でしたね

今日は何故か『ムーンライトえちご』の写真を撮っている人が多かったです。反対側の自分の待っていた4番線にもいましたね。でも並んでいる列の近くにいると、三脚が邪魔だったりしますね

ちなみにこの時間、成田エクスプレスとの並びも撮れます


また珍車など撮れたらします。
今日も帰りの電車が23時台…

この時間になると目にするのが、新潟行き夜行快速『ムーンライトえちご』

通常は上沼垂の国鉄色485系6両が充当されます。

ところが今日はリニューアルの3000番台車が運用についていました

珍しいですね。この車両での運転なら、少し得した気分になれそうですね。



…というか、飛び乗ってどこか遠くへ行きたいかも……。
タイトルを見てなんのことやら・・・とお思いの方も多いはず・・・

え~、恥ずかしながらこの度ラジオに初出演してしましました

もちろん仕事上でのことなんですけどね。

事の発端は先月終わりだったか、今月の頭に浦和にあるコミュニティFM局、「REDS WAVE」からの1枚のFAXでした。

「鉄道オヤジ」という番組があるそうなのですが、その中でウチのデスクのことを取り上げたいので、電話取材をさせて欲しいとの内容でした。

で、そのFAXが来た日、たまたまは休みでその翌日会社に行くとデスクの上に一枚のFAXと、「今回はさんでお願いします」というデスクマネージャーのメモが・・・

ヲイ・・・

普通こういうのは、アンタがやるんじゃないのかい
と思い、翌日聞いてみると、「だって取材の日休みだもん」とあっさり・・・。

シフト表を見るとマネージャー確かに休みです・・・
しかも取材の日って日曜日じゃん・・・最近、土・日は来店が多くて忙しいのに・・・

しぶしぶ引き受け、収録の数日前、件の局の番組担当者の方からFAXで放送で聞きたい事項などが、送られてきました。
「このへんの質問内容の答えどうしますか~
「いいよ、さんの好きで」
「はぁ・・・」
ってな感じで完全に人任せ・・・ヲイヲイ
そのあと局から電話で補足&確認事項の連絡があって、いよいよ収録の日曜日・・・

ヤバいです、午後から超忙しいです・・・

自分も接客にハマり、ちらちら時間を気にしつつも目の前のお客さんはなかなか決まらない・・・焦ってきます・・・

予定の時間になり電話が来ました
しかし、接客は終わらない・・・15分ほど時間を延ばしてもらい、なんとかお客さんの請求書を作るためにカウンターを離れた合間に電話取材を受けることに・・・

生放送じゃなかったのが幸いしました・・・

先日送られてきたFAXを手元に、電話取材を受けるも、緊張してなかなか思うように話せないもんですね~。
15分ほどの電話取材は、あっという間に終わりホッと一息。

後日、放送されたものを聞きました。かなり地域限定なものなので、ウチの辺りも一応はカバーされているらしいのですが、雑音が結構多かったですね。
その翌日に、朝霞の「スマイルFM」でネットしているものを、インターネット上で聞きました。こちらはクリアに聞くことができました。
なんか自分が話しているのを聞くのって、すっごく恥ずかしいですね

は「落ち着いてて、しっかり話せてたよ~」と言っておりましたが、個人的には話したいことの1/3ぐらいかな~と思いました。

ちなみにこの番組、この他にも群馬の「FM OZE」、神奈川の「FM やまと」でもネット放送しています。神奈川の「FM やまと」だと今度の月曜日(7日)の22:00~、群馬の「FM OZE」は金曜日(4日)の10:00~放送されます。
番組前半では、鉄道アイドル・木村裕子さんのインタビューもありますよ。

まぁ、今回は自分の声が公共の電波に乗るという貴重な体験をさせていただきました。ハイ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。