auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて2008年も残すところあと3時間を切りました


今年は世間一般では暗い話題の多い年でした。動機は「だれでも良かった…」という無差別殺傷事件が目立ちましたし、政治・経済の混乱、迷走…

そんな中、個人的には新しい命を授かるという幸運に恵まれました

と二人でについていろいろ話し合ったりもしました。



今日は実家へ帰省です。帰りは高崎線の各駅停車車で帰りました。
上野発のは211系10両編成でした。車で車番を確認しようと(…鉄の性です)車番を見たところ、何かおかしい…違和感を感じました。下車するときによくよく見ると、理由がわかりました。


普通は「サロ211-1003」と表記されているところが、「Ts211-1003」となっていました。車体側面下部の表記は従来通りでした。何故「Ts211-1003」という表記に変わったのか、謎です…
因みに「Ts」は車を意味します。


最後に今年も一年ありがとうございました
来年もよろしくお願いします
それでは良いお年を
スポンサーサイト
今年も残すところあと2日となりましたね~。

というわけで今年を少し振り返って見たいと思います。
個人的に覚えているものになってますが・・・
(JR沿線&利用者なので私鉄のことは疎いです、スミマセン)

3月 急行「銀河」・寝台特急「あかつき」「なは」廃止
3月 JR西日本「おおさか東線」開業
6月 東京メトロ「副都心線」開業
10月 京阪「中之島線」開業
10月 山陽・九州新幹線直通車両 N700系7000番台登場
11月 初代新幹線・0系引退
12月 初代名鉄パノラマカー・7000系引退
12月 名鉄・モンキーパークモノレール線廃止

新線開業が東京・大阪でありましたが、一方で歴史ある列車、昭和の名車といった車両の引退もあり、新旧交代といった感じも強い一年となりましたね。
来年も1月に「ムーミン」ことEF55の引退、そして3月にはついに九州行き寝台列車の全廃・寝台特急「はやぶさ」「富士」の廃止、18キッパー御用達の「ムーンライトながら」「ムーンライトえちご」の定期列車廃止があります。
車両のことはあまり詳しくはないのですが、E233系1000番台の増備も引き続き行われるようですね。それに伴い、京浜東北・根岸線の209系0番台の廃車が進むようです。
JR各社でも新型車両の投入等により、国鉄型車両の廃車が進むようですね。
キハ58あたりがそろそろ危ないかな・・・と。

個人的に来年注目したいのは、今年JR東海が発表した、リニア中央新幹線の自己負担による開業ですね。まぁ、来年全貌がわかるとは思ってはいませんが国交省からの指示で様々な調査が進められていくでしょうから、徐々に明らかになっていくでしょうね。
昨日で今年の仕事も終了でした。
店舗の営業は今日までだったんですけどね。
年明けは4日からの出社になります。


今日は家でのんびり
明日は先日の続きでスポーツクラブへ。


明後日は帰省の予定です。
今日は午前中9時頃までJR東の5方面の新幹線がシステムトラブルにより運転見合わせに…
COSMOS(コスモス)という新幹線の運行管理システムにトラブルが生じたのが原因だったようです。


帰省には在来線で帰ろうと考えてます。混んでいて座れないと困るし、今日のようなことがまたあるとそれも困るので
しかし帰省ラッシュを直撃する形になって、相当な被害が出たでしょうね…

今年はが身重なので、あまり負担をかけないように帰る予定でいます。


今年の総括は改めてまた書きたいと思います。
最近、運動不足が心配な猫麻呂です。

会社の同僚が、仕事帰りにスポーツクラブに通っていると聞き、やってみようと一念発起して先日家のすぐ近所のスポーツクラブに申込をしてきました。
ちょうどそこのスポーツクラブが会社の健保で提携しているところだったので、法人会員になれるところだったというのもありますが・・・。

で、今日早速休みだったのでスポーツクラブデビューをしてきました。

そのために、昨日は会社帰りにトレーニングウェアとシューズを買いましたよ
ちょうどセールをしていたので、少し安くなってましたが上下とTシャツ買って¥17,000しました

今日はいろいろなマシンの使い方などの説明を受けて、最後に体力測定をしました。体力測定は15分間自転車をこぎ続けるものなんですが、徐々に負荷がかかってペダルが重くなっていきます。脈を計りながらやるんですが、運動不足の体には結構キツイものです

本当は、そのあともう少しマシンをやって帰ろうかと思ったのですが、結構体にきたので、無理をせずに帰りました。
初心者向けにマンツーマンで運動指導をしてくれるプログラムもあったので、それを申し込んできました6回で¥5,250也~
これを期に少し運動を頑張ろうと思います
理想の寝台列車【1】の続きです。

≪プレミアムトレインの設定を≫
現行の寝台列車の中には、車両を新製した「カシオペア」や従来車両の改造による「北斗星」「トワイライトエクスプレス」といった人気列車もある。
こういった列車は、客車列車のまま残し他の電車タイプの夜行列車とは一線を画した存在にすべきであろう。
「カシオペア」はともかく「北斗星」「トワイライトエクスプレス」は今後専用編成を新造し投入しても良いのではないかと思う。
そして寝台専用とした上で夜行列車の上位の「プレミアムトレイン」として存続をさせていくべきだと思う。
料金のところで触れたが、他の夜行列車に比べて割高な料金を設定してもいいかと思う。それだけの対価を払うべきサービスの整った列車に整備することが前提にはあるが。

≪今後の課題≫
一番には、各旅客鉄道会社の意識の変化が必要だと思われる。現在の状況だと「寝台列車は儲からない→サービス低下→利用者離れ→本数削減→さらなる利用者離れ→廃止」という構図はなくならないように思う。
各旅客鉄道会社は、寝台列車をもっと商品として生かしていくという考えが必要だと思う。
確かに人気の高い「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」といった列車の場合は新型車両を投入したりといった意欲もみられるが、そのほかの寝台列車にいたっては車両のメンテナンスさえおざなりにされているのでは?と思える節がたびたび見受けられる。一番目に付くのが外装の塗装の剥がれ。「北陸」「あけぼの」といった列車をみているとこういうものが非常に目に付く。あれでは乗るほうも「次回も利用しよう」という気持ちにはならない。
現在の車両自体が経年劣化の激しいものばかりだからとも言える。もう何年も前からいろいろなところで寝台列車の車両の劣化については言われているにも関わらず、延命工事や車両の新製といったものは全くといっていいほど見受けられない。
結局、「採算が取れないから」というところが本音だろうが、それなら採算がとれるような魅力ある列車にする努力をしたのか?と考えてみればこれもまたない。これではダメだろう。
あとは各鉄道会社の縄張り意識だろう。何社にもまたがって運行される夜行列車の場合、各鉄道会社の意見の調整が必要になってくる。それであれば、いっそのこと寝台列車を専門に走らせる子会社をJR各社の協同出資で立ち上げ、そこへ移管するというのはどうだろう。車両と乗務員だけを保有する形になり、現在JR各社で保有する寝台列車を一本化できるため、JR各社は寝台列車の収益について気にする必要がなくなる。(この場合、JR各社は第三種鉄道事業者になり、寝台専門の会社が第二種鉄道事業者となる)
実際、海外ではこういった例もある。ドイツには「シティナイトライン」という寝台列車が国内・国際線を走っているが、この「シティナイトライン」はDB(ドイツ鉄道)の保有ではなく、「シティナイトライン社」という寝台専門の会社があり、そこが保有・運行しているのである。
なかなか日本には馴染みのない形態だが、検討の余地もあるものだと思う。


長々と2回に分けて書いてきましたが、昨今の寝台列車の激減ぶりをみるにつけ寂しい限りです。新幹線は確かに早く快適に運んでくれますが、寝台列車には寝台列車の良さがあります。最近消えつつある旅情というものが蘇ってくれることに期待したいですね
【はじめに】
これはあくまでも私個人の願望を書いたものです。実現可能不可能は考慮に入れていませんのでご承知おき下さい


≪主要列車は電車化を≫
寝台列車が登場した当時、長距離列車は客車列車(機関車が客車を牽引する形態)がほとんどだった。ところが現在では客車列車は寝台列車ぐらいのもの。
客車列車は電車に比べて速度に制限があり、それが最近の東京口での寝台列車の淘汰の遠因にもなっている。時間当たり沢山の通勤電車を走らせようとすると、足の遅い客車列車はダイヤ編成上のネックになってくる。
そこで、客車列車で運転されているものを電車化すれば速度も向上しダイヤ編成もし易くなる。
所要時間の短縮に伴い東京圏、大阪圏の発車時間を遅くすることも可能になる。
サンライズ瀬戸が実現できたような、航空機の最終便の後に出発し、始発便よりも先に到着できるといったようなことも可能になるだろう。
寝台列車の強みはやはり、対航空機といったところだろう。
また、電車化することにより、途中での機関車の付け替えも不要になる。それに伴い要員の削減ならびに時間の短縮になる。電車は交直両用・50Hz/60Hz両用の車両を用意することにより、同一形式でより広範囲をカバーすることができるようになる。

≪夜行列車は寝台専用でなくてもよい≫
現在、夜行列車のほとんどが寝台専用だ。これを改めたい。夜行列車といっても利用する層はさまざま。個人的に一番望ましい編成に近いのが、「きたぐに」である。普通座席車、グリーン座席車、B寝台、A寝台を連ねている。夜行列車=寝台専用でなくてもよいと思う。もっと選択の幅を増やすべきだと思う。
普通座席車2両、B寝台(全個室)4両、A寝台(個室)1両といった計7両を1編成としてみるのが良いと思う。普通座席車は特急券+指定券で利用可能とし、夜行高速バス同様、3列独立シート、フットレスト付バケットシートを採用とする。
寝台車はB寝台・A寝台共に個室とする。B寝台は2人用個室車1両と、1人用
個室車3両、A寝台は全て1人用個室とする。サンライズエクスプレスをベースに2階建て車両とし、車両限界いっぱいまでスペースを有効活用したい。
また、その他の設備としてはシャワーと半室ラウンジを設けたい。ラウンジは供食設備がないので、持込の弁当を食べたりするスペースが必要と思われるからだ。また現行のサンライズ出雲のように、朝方走る区間での車内販売の基地とするのもいいだろう。

≪寝台料金の根本的な見直しを≫
寝台列車離れの一因が寝台料金の高さだろう。B寝台2段寝台で¥6,300という料金は、現在の寝台列車の水準から行くと高すぎると思う。妥当なところとしてB寝台で¥4,000ではないだろうか。同様にA寝台は上段¥9,450、下段¥10,500となっているが、こちらも同一で¥8,000程度が妥当ではないかと思う。個室に関しても一律に同料金の適用とする。
また、後に述べるが、「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」いった看板列車は「プレミアムトレイン」とし、料金もやや割高の設定で結構だろう。

長くなってきたので、一旦切ります。
(つづく)
そろそろ、来年のカレンダーも準備しなくちゃといった時期になってきましたね。

ブロ友さんの記事をみていると、それぞれに新しいカレンダーを用意されているようですね。

自分は当初、0系引退記念で新幹線カレンダーを購入しようと思っていました。
最近、自分の中では0系がブームなんです

ところが、先日取引先の方がいらっしゃってカレンダーを2種類いただいたのでそれを使うことにケッテーイ
ついでに、「旅の手帳」と「鉄道ダイヤ情報」の最新号もいただいてしまいました(役得
で、いただいたカレンダーのうち一つがコレ


中身は
1月:183・189系田町車多客臨&定期列車代走

2月:489系急行「能登」・14系寝台特急「北陸」

3月:14系寝台特急「富士・はやぶさ」

4月:485系特急「北越」

5月:14系+24系急行「はまなす」

6月:583系急行「きたぐに」

7月:583系仙台車 臨時快速「583系仙山号」

8月:24系寝台特急「日本海」

9月:485系特急「雷鳥」

10月:583系秋田車 団臨「わくわくドリーム号」

11月:485系大分車 特急「にちりん」

12月:キハ181系特急「はまかぜ」

表紙:583系仙台車 快速「あいづライナー号」

です。国鉄型のオンパレードですね
居間と、ダイニングの2ヶ所に掛けるので、それぞれ違ったものが置けて楽しいですね。
今日は8回目の検診に、に付き添って病院へ行ってきました。

前回から4週間間が空いたので、どのくらい育っているかも楽しみでしたが、その反対にまさかの・・・も考えると決して楽観はできないのでした

前回同様午後の部です。

今日は、診察のときに一緒についていって、先生の説明を聞きました。

は無事育っていて安心でした。
前回に比べてだいぶ、目や鼻がはっきりわかるようになってきました。
もう狭くなってきたのか、足を折り曲げていました。(前回の時は、まだのばしていたのに・・・)

さて、うまくいけば今回の検診で性別がわかるのですが・・・・・・


どうも・・・・・・


女の子のようです・・・・・・
(先生に結構キッパリ言われたので・・・)
診察前にお腹に手をあてて念を送っておいたので、わかるような体勢になってくれたのかな


でも、素人が画像で見たところでわからないです。先生が「ココが黒くなってるでしょ、女の子ですね」って説明はしてくれたのですが・・・ちょうど足を折り曲げていたので、見づらくよくわかりませんでした。

帰ってからビデオを見直しましたが、サッパリでしたね
また、来月の検診で確認することになりそうです。
この曲名でピンときたアナタ・・・おでかけネットの「ありがとう0系新幹線 スペシャルサイト」を見まくっていますね(笑)

はい、知らない方のために一応説明しておきますが、JR西日本に「おでかけネット」というサイトがあるのですが、その中に「ありがとう0系新幹線 スペシャルサイト」があります。0系新幹線とは、先日14日のさよなら運転をもって引退した初代新幹線です。この絵文字もモデルにもなってますね

そのサイトの中でこの曲に乗せてスペシャルムービーがあります。
2つアップされていますが、「ありがとう夢の超特急」という方です。
これがまた、曲とすごくマッチしていて泣けてくるぐらい大好きです

これのDVDを出してくれないかな~と、密かに願っています

先日携帯の着うたダウンロードサイトをみていたら、この曲があったので、早速ダウンロードしました

この曲、まだCD発売されていないんですね~

是非、0系の映像DVD付でCDを出してもらいたいですね~。
そうしたら絶対買います
現在のところ配信のみのようです。
早く、CD出ないかな~

'08.1218.加筆修正
今月の頭に、購入したきり放置されていたBトレ・0系4両セットが本日、猫麻呂車両製造で落成しました

さよなら0系最終列車と同じく6両での落成です。
奇しくも最終列車運転日の翌日の落成となりました。

今回はなかなかですね。
先頭部の丸みを出すあたりに苦労が見られます。



0系を優先させたので、他の車両がまだ箱入り状態です
今日、年末ジャンボを買ってきました。
以前、発売最終日に何気なく9,000円分購入したら、なんと23,000円当たったことがあったので、それから年末ジャンボは発売終了間際に買うことにしています・・・単にゲン担ぎなんですけどね

で、今回はちょっと奮発して50枚
全て連番で

さぁ、大晦日までつかの間の夢を見るとしましょうかね
米航空機大手ボーイングは11日、延期を繰り返している次世代機「787」の納入を10年1~3月期までさらに半年遅らせる、と発表した。
労組のストライキなどが理由という。延期は4度目で、当初の08年5月からは少なくとも1年8ヶ月遅れることになる。

12/12朝日新聞より

また、延期だそうです・・・
ちなみに1号機は全日空が受領する予定となっています。
ボーイング787の愛称は「ドリームライナー」
燃費性能は従来の767、777よりも向上し、同じ量の燃料でより長距離を飛べる飛行機となっています。

が、ライバル・エアバス社のA380(世界初の全2階建て旅客機)はすでに就航したのに対し、B787はいまだ就航見通しがたたず・・・

大幅な遅延の原因の一つには、機体部材の7割近くを外部発注したために、主要パートナーの製品も含めて品質が劣るものがあり、それを自社で修繕しているため予想以上に時間がかかっているとボーイング社は説明している。

「ドリームライナー」だけに計画が頓挫し「夢」で終わらない事を祈ります

そういえば・・・日本のMJ計画はどうなったのか・・・
今日は仕事休みだったので、最寄駅にいって来月の「EF55碓氷号」の指定を取ってきました

10時ちょっと前に行ったら窓口に人が並んでいなかったのでラッキ~
窓口の人に「お願いしま~す」って申込書を出したら、必要事項を入力して、時計とにらめっこ。
10時ちょうどにボタンを叩いたら・・・発券機からは無事チケットが出てきました。
お金を払って、窓口の人には「助かりました。ありがとうございます」とお礼を言ってきました。
窓口の人もニッコリ

実は昨日も新宿で1/10分をアタックしたのだけれど、あえなく玉砕・・・この列車「えきねっと」に入ってないので、ネットの事前予約ができないんですよね~
それでお昼休みに行ったら、案の定満席
指定席券売機にも入っていないらしく、叩いてもでてこない・・・信越線(高崎~横川間)には優等列車が走っていないからかな
高崎~水上間の「さよならEF55みなかみ号」は指定席券売機で出てきたし・・・あっちは特急「水上」が走っているから、登録できるんだろうけど・・・

まぁ、そんなわけで来月の11日はMUSTで休みを入れなくては・・・

来月は17日、18日が休めれば本当はよかったのですが(そっちが本当のラストランなので)、そこはシフトの関係で休めそうにないので、一足早い3連休のところを取りました。

久々の「ムーミン」とのご対面ですが、これが最後になっちゃうのかな~
先日の0系といい、今回のEF55といい残念ですね。
浦和PARCOで映画を見た後、その下にあるタワレコへ。

本当は「とくダネ!」の「朝のヒットスタジオ」のCDを買いたいかなぁ~と思いつつ店頭で視聴・・・・・・う~ん・・・
今回はパス

で、他になんかないかなぁ~といろいろみてまわっていたら・・・・・・

みくのかんづめ

・・・
・・・
・・・

ま、こんなのも出てたんだねぇ・・・
Pafumeもいいかなぁ・・・と思いつつその横を見ると

Around40~アラフォー~

おー、今年の新語・流行語大賞と取った「アラフォー」ですね
どれどれ・・・・・・
・・・
・・・
・・・
おぉうかなりツボにはまってます

収録曲はコチラ


が結構ツボな曲が多かったのでお買い上げ
SME(ソニー・ミュージック・エンタテイメント)からなので、SME所属のアーティストだけですけどね。
いや~、まだ40までは5年近くあるんですけど・・・もう『アラフォー』なんですかね・・・ちょっとショックではありますが・・・
赤と白の横縞の服を着て、眼鏡をかけた長身の男性を大勢の中から探す・・・話ではありません。(アタリマエダ・・・

の調子も良かったので、封切になったばかりの新作を見てきました。

ストーリーは、

29世紀の地球-
人類はゴミだらけになった地球を捨て、宇宙へ逃れた。
残されたのは多数のゴミ処理ロボット達。
そして、700年という月日が経ちただ一人残った“ウォーリー(WALL・E)”はコツコツと働き続けた。
そんな彼の目の前にある日、ピカピカのロボット“イヴ”が現れた。
そしてある日、イヴは宇宙船にさらわれてしまう-



前半は、荒廃した世界でたった一人働くウォーリーの生活する姿が描かれています。
人間味溢れるウォーリーの仕草はなんだか微笑ましく思えました。
ある日現れたイヴに対しても、警戒ではなく惚れてしまい、イヴの気を惹くためにガラクタの中から集めた自分の『宝物』を見せたりなんてあたりは、本当に微笑ましいですね。

後半は、イヴがどうして地球に送られたのか、そしてどうして長期に渡って人々は宇宙で生活しているのか、の謎が段々と明らかになります。
そして、様々なロボットに囲まれた生活を送っている人々がふとしたきっかけで自らの意思で、地球に帰ろうとする・・・しかし、プログラムを無視しようとする人間に対して反乱を起こすロボット達というように話は進んでいきます。

宇宙空間で長期生活をおくると人間の体型も変わってくるあたりなどが、結構きちんと考察されているようでした。

ラストへの持って行き方はちょっと???なところもありましたけど、まぁ、全体を通してみればまずまずですね。
お子様向けな映画ですけど大人もそれなりに楽しめると思いました。

2008.12.6 ユナイテッドシネマ浦和
先日ネットで注文しておいた、Bトレインショーティーの0系4両セットが本日届きました。
箱には「さよなら0系引退記念(旧塗装)」とあります。
今回は4両セットを2箱注文しました。
で、どうする

片方の中間車2両を、4両セットに組み込んで、ラストランの0系6両編成を再現しようと思っておりま~す

編成図はこんな感じ
21形-26形-25形-26形-25形-22形

基本セット、増結部分

さて猫麻呂車両製造、現在名鉄7000系と東京メトロ銀座線が生産待ちとなっておりますが、
0系が先に落成するでしょうか・・・?

出来ましたら、写真をしますね~
風邪は悪化するばかりです・・・

結局昨日は、症状悪化のため東武ファンフェスタにも行くことができず、家で寝込んでいました。。。

そんでもって今日はとうとうダウン

0系の定期運転が終わってしまいましたね・・・

昨日は、朝からワイドショーで0系の新大阪発車の模様を放送していたので、夕方のニュースで0系最終列車の博多到着を生中継するかと思いきや、放送はなし・・・どこかの局で岡山発14:51の「こだま659号」の様子を放送してましたが、この日だけは21番線発車だったようですね。

でも、新大阪発車の様子を見ていて、ウルウルきちゃいましたね・・・
夜のニュースで博多到着の様子をやっていましたが、本当にこれで終わりなんだなぁ・・・と思うと寂しく、悲しくなりました。

沢山の人の夢と思い出を乗せて走り続けた初代新幹線。
今はただ、お疲れ様だけですね
ありがとう、0系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。