auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の木曜日、またの健診に行ってきました。

の経過は順調で、体重も2000gを超えました


やや子宮頸管が短いと、その前の健診で言われ、服薬と安静を言い渡されていたのですが、今回の健診では大丈夫なようでした


エコーでももう部分的にしか映らなくなってきているので、全体像がなかなか把握しづらいですね


さてここにきてで一つ問題が…
それは出産方法

は通常分娩を希望しているのですが、義母は帝王切開を勧めているのです。

と、いうのもは赤ちゃんの時に股関節脱臼をしていて、股関節に負担のかかることはあまりよろしくないのです。とはいえ、日常生活に支障があるわけではないので…。
というわけで、どちらにするか考え中

来週の金曜日にはもう一度病院に行って決めなくては…。
万一、帝王切開だとGW前には産まれる事になります。

あとちょっとしかない
スポンサーサイト
会社の近所にマックがあります。
そこのマック、店の外にいつもラジカセが出ていて、宣伝のテープが流れています。

まぁ、マックに限らず別におかしい光景ではないですね。

で、今日何気に聞いていて気づきました・・・

宣伝のバックで流れてるの「ハレ晴れユカイ」じゃん・・・

でも、何故「ハレ晴れユカイ・・・」
まぁ、いいけど・・・
>>[マックでハレ晴れユカイ]の続きを読む
先週の土曜日はダイヤ改正でしたね
廃止になった「富士」「はやぶさ」のことばかり気を取られていて、自分の使う電車の事、忘れてました


昨日は日曜出勤だったので気づかなかったのですが、今朝駅に行ったらの時刻が変わってるぅしかも行き先まで

よく利用してた
改正前
08:19通勤快速・新宿
08:23各停・新木場
だったのですが、

改正後
08:20通勤快速・新木場
08:23各停・新宿

になってました。
確か通勤快速・新木場って前の改正の時に、列車遅延の常習犯だったから新宿行に差し替えられたハズ…

また新木場行になったら混雑で遅延するじゃない(ハッキリ言って激混みです)

と、いうわけで今朝は通勤快速の後の各停で通勤です。
とてもじゃないけど、新木場行の通勤快速に乗る気がしない…
今日は夕方、今日で最後となる九州寝台最後の列車「富士」「はやぶさ」の見送りに東京駅に行ってきました。

ニュースでは見物人の人出が3000人だとか
まぁ、その数が本当かどうかは別にしてもすごい人出でした。

最初、最後部になる富士のあたりに待機していましたが、その後前の方に行こうとしましたが、あまりに人の多さに「はやぶさ」の3号車付近で前に進めなくなりました

最終日の「富士」の各車番です。(「富士」の7号車~12号車の順です)




東京駅からもこの名前は消えてしまうんですね


こんな幟を用意してきた熱烈なファンも・・・


さよなら寝台特急富士★はやぶさ 記念弁当


明日の終着駅に着いたとき、それぞれの列車はその長い歴史に幕を閉じます。
いままでご苦労様、そしてありがとう
「富士」・「はやぶさ」の最終列車が先程、東京駅を旅立っていきました

発車時刻が夕方の通勤時間帯に重なったため、仕事帰りの人の姿が多く見られました。

今日は休みだったので、16時半頃に東京駅に行って見送りをしてきました。

1ヶ月前に乗ったばかりの列車が無くなってしまうのも、なんだか変な気分です…

しかし最終列車ってのはホントお祭り状態ですね。ホーム上を移動するのも一苦労です

あとで写真をします。
東京駅に到着です。

すでに10番線はすごい人です

ヤバいです

さっき横見氏がいました。
あと2時間少しで最後の「富士」「はやぶさ」の発車です

入場規制も噂されている東京駅へこれから向かいます

東京が無理だったら…品川あたりで通過するのを見送るか…
とうとうこの日が来てしまいます。
明日3月13日発の列車をもって、

寝台特急「はやぶさ」・「富士」が姿を消します。

と同時に東京と九州を結ぶ夜行列車も終焉を迎えることになります。

その他にも、夜行快速「ムーンライトながら」・「ムーンライトえちご」が定期列車から姿を消し、臨時列車に格下げされます

最近の傾向として、大都市圏での増発が目につきますが、長きに渡り「鉄道旅行」を支えてきた象徴ともいえる列車が次々と姿を消しているのも、また事実です。


時代の流れとはいえ、寂しくなりますね
携帯でニュースをみていたら、ちょっとビックリな記事があったので書いておきます。


バンダイがこのほど「機動戦士ガンダム」の放送30周年を記念して、設定と同じ高さ18メートルの立像を品川の「潮風公園」に展示する。
展示されるのは初代ガンダム。
7月上旬から8月末までの予定。


マジ

これはできたら行くしかないでしょう
特にファースト世代としては。

バンダイさんも粋な事をやってくれるもんだ
赤水駅に降り立ったものの、上りの列車が来るまで特にすることがないので、写真を撮ったりしてぶらぶら過ごす。
と、無人だと思っていた赤水駅、日中のみ委託業務で人がいるようだったので、記念に切符を買い求めてみる。
発着駅が手書きの車補券がでるかと期待したが、残念
金額表示の切符でした。駅名はスタンプを押すタイプのもの。
赤水から立野と、肥後大津までの切符。

赤水駅の駅名標。

しばらくして上りの熊本行が来たので、これに乗って肥後大津へ。

肥後大津駅から熊本空港行のバスに乗車することに。
しかし、30分待ってもバスが来ない・・・一応時間前にはバス停に着いていたが、行っちゃったってことはないよなぁ・・・と多少不安になりつつも待っているとやがて40分程遅れて空港行のバスが到着。

空港内で熊本名物の「からし蓮根」と「馬刺しの燻製」をお土産に購入して帰りの飛行機を待つ。
帰りは熊本空港1905発のJAL1816便
さすがに日曜日の上り便とあって、その前の便と共に満席。
搭乗に少々手間取ったのか、やや遅れて熊本空港を離陸。
羽田までは順調に飛行を続け、ほぼ定刻に到着。
羽田からはバスで。

なかなか今回も盛りだくさんな内容の旅でした。
しかし、気づいてみれば「はやぶさ・富士」も残すところあと2日
最終日はたまたま休みなので、夕方東京駅に見送りに行こうかと考えています。
ホームへの入場制限大丈夫かなぁ・・・
「はやぶさ」が車庫へと回送されていくのを見送った後、豊肥本線のホームから肥後大津行の普通電車に乗って、立野の三段スイッチバックを目指します。

豊肥本線も、肥後大津までは電化されており、熊本から30分ちょっとと完全に熊本市中心部への通勤通学圏内になっています。
肥後大津では、電車を降りるとすぐ向かいのホームに宮地行のキハ200形が止まっており、熊本からの乗り継ぎ客を受けて出発するダイヤが組まれていました。
肥後大津を出て、次の瀬田を過ぎると徐々に山を登り始めます。
阿蘇の外輪山がだんだんと近づいてきて、車窓にはこんなものが見えてきました。

(風力発電の風車
そして左手からスイッチバックの線路が近づいてきて、立野駅着。
ここで運転方向が変わるため、運転士さんは逆サイドへ移動。
時間になり立野駅を発車。今まで来た方向に進んで、今度は熊本方向の線路と別れて眼下にその線路を見下ろしつつ、スイッチバックへ。

(右が大分方面・左が熊本方面)
ここで、再び運転方向が変わるため運転士さんは移動。
そして再度逆方向に向けて発車。
引き上げ線から見た本線。

(左が大分方面・右が熊本方面)
このあたりは33.3‰(1000m進むごとに33.3mの勾配を登る)という勾配区間のため、つづら折のような形でスイッチバックをしながら進んでいきます。
この勾配を登り切ると阿蘇の外輪山を越えた形になります。
そして赤水駅着。今回はここで降りて折り返します。

続きます。
熊本電鉄の撮影を終わらせて市電で熊本駅へ向かいました。
熊本駅へ戻るとまだ『はやぶさ』の到着まで時間があったので、朝食を取る事に。駅構内で食べてしばし休息。

そろそろ時間というころを見計らって、『はやぶさ』撮影後にそのまま立野まで行く予定にしていたので、立野の一つ先、赤水までの切符を買いホームへ・・・行こうとしたところ駅の放送が耳に入りました。

「11:49着の寝台特急『はやぶさ』号は山陽線内の人身事故の影響で、現在のところ約33分の遅れで運転しております・・・」



2日連続ですかぁ~(涙)

なんだか呪われているのではないか・・・

その後の放送で到着番線も普段の3番線から1番線への変更が告げられました。
結局、『はやぶさ』が熊本に到着したのは定刻から約40分遅れの、12時30分頃でした。
熊本駅進入の『はやぶさ』

熊本駅到着後の『はやぶさ』


この日の『はやぶさ』の牽引機をよくよくみたら、昨日門司から『富士』を牽引してきたED76-90号機でした

一通り撮影を終えた後、車庫へと回送されていく『はやぶさ』を見送って、豊肥本線の電車に乗り込み立野の三段スイッチバックへと向かいました。

続きます
3月と言えば、ダイヤ改正
我が家のカレンダーにも登場です

残り10日余りとなりました。
先日3月号の時刻表を購入してきましたが、夜行列車が減っていくのをみると寂しいですね

最終日見に行けるかな
さて、ホテルで一泊した翌日、昨晩は真っ暗でわかりませんでしたが部屋の外を見ると、眼下には熊本駅のホームが見えました。その先に目をやると建設真っ最中の九州新幹線のホームが見えました。

この日は朝は7:15にホテルのロビーに集合して、隣の上熊本駅から熊本電鉄に乗る予定でした。
待合せの時間に1Fのロビーに行くとすでに相方は来ていました。
すぐに上熊本の駅へ。
熊本電鉄の上熊本駅は、JRのすぐ駅前に無人の駅舎があるだけでした。
ちょうど少し前に電車が行ったばかりだったので少し待ちました。
やがて、踏切の音が聞こえ緑色の車両が見えてきました。
熊本電鉄5000系

元東急の5000系、通称「青ガエル」とよばれていた車両ですね
色も東急時代のままで、1両編成ということを除けば往時の姿のままでした。
車内の吊り革にはまだ「東急」の文字が。

上熊本から5つ目が乗換駅の北熊本。
ここで、藤崎宮行の電車に乗り換え。藤崎宮行の電車は元都営地下鉄・三田線の6000系


途中、併用軌道を走りますが20m車体の電車が民家の玄関前を通過していくのは、ちょっとびっくりですね
終点の藤崎宮はちょっとした駅ビル風の建物。
そこから少し歩いて市電の電停へ出て、市電で熊本駅へ戻ります。
熊本市電と熊本城


続きます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。