auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、連休中に前原国交相が、八ツ場ダムの建設工事真っ最中の群馬県長野原町を訪れた。

目的は現地住民と対話をするため・・・
「中止を前提に」と・・・
はなっから「中止反対」の地元に、解決案も持たずに行ったって無理ダロウ・・・と思えば案の定・・・地元住民は「対話拒否」・・・当たり前ですね

あまりにもパフォーマンスの色合いが見え見えで、地元の人がかわいそうでならない・・・

まぁ、この大臣の話はこの辺にしておいて・・・

民主党が政権を握ってから、このニュースの流れない日はほとんど無いように感じる「八ツ場ダム中止問題」
マニフェストに謳っているから「中止します」一辺倒の民主党政権。
7割以上できあがっているダムを目の前にしてそれが言えるのだろうか・・・

また、このことがニュースになってマスコミは現地へ行く。
そして地元の住民の「中止反対」を伝える・・・しかし、今までの経緯をよく知らない地元以外の人の反応は冷たい・・・
「推進なんておかしい」という抗議の電話が殺到しているという。
よく考えてほしい・・・
長野原町だって最初から賛成だったわけではない。
むしろ長い間反対してきた。
しかし、結果として仕方なく賛成したというのが本当のところ。
抗議の電話をかけてくる人は、そのあたりのことを知らないのだろう。

私は実家が群馬で、小さい頃から新聞でこのダムのニュースは知っていた。
本音は建設反対だ。
だけれども、もうあそこまで進んでしまったものを今更「マニフェスト」という紙切れ1枚のために全てを中止してしまってよいのだろうか
その現場には、そこで長い間生活をしてきた人達がいる。
その人達のことは、全く無視されたまま事が進んでしまっている。

民主党は反対ならば、何故群馬5区に候補を立てなかったのか
完全に地元無視のマニフェストなのだ。

そんな政権にこの先、この国を任せていけるのだろうか・・・。
スポンサーサイト
数日前から熱っぽかった、3日ほど熱が下がらなかったので、月曜日にに行きました。
最初は町の小児科に行ったところ、「大きい病院に行くように」と言われあわてての実家から比較的近いK大学病院へ

しかし・・・腋の下リンパ腺が腫れていること以外はよくわからず・・・血液検査で白血球の値がやや高いということだけ・・・。

火曜日休みだったので、の実家へ
熱はもう下がっていたのですが、腋の下をさわってみると、コリっとしたものがあるのはわかりました。

前日より大きくなっているようだったので、念のため病院へ

連休で病院がお休みのせいか、休日窓口は混んでいました
受付だけ済ませて、は駐車場の車で待たせておきました。
新型インフルとか、心配ですからねぇ・・・

結構待ちましたが、診てもらい、また血液検査をしました。
は大泣き
白血球の値は前日より下がっていたので一安心。

でも、経過観察ということでしばらく様子をみることになりました。
ネットで調べてみると、BCGの副反応っていうのはいろいろあるようですね。
まぁ、ワクチンといっても毒性を薄めた菌を接種するわけですからね・・・

早く良くなるといいね
2008年3月に引退した、豪華寝台列車「夢空間」のうち2両が、新三郷駅近くにできた「ららぽーと新三郷」に展示されているそうです
夢空間はJR東日本に在籍し「幻の日本版オリエント急行」とも呼ばれた車両です。

今回展示されているのは「オシ25 901」(食堂車)と「オハフ25 901」(ラウンジカー)の2両です。

夢空間が作られたのは「オリエント急行」が来日した翌年の1989年、まさに世の中はバブルの真っ最中といった時代でした。
夢空間は先の2両に、定員6名の「オロネ25 901」(デラックススリーパー)を加えた3両で製作されました。内装はそれぞれオシ25が「東急百貨店」、オハフ25が「松屋デパート」、オロネ25が「高島屋」と有名百貨店が手がけています

すっかり、解体の憂目にあったものと思っていたので嬉しいですね。
ただ本当に展示用に屋外におかれていて、写真で見ると屋根などがない状態なので、常設の場合、風雨による劣化が心配です

ここは「ららぽーと新三郷」の他、IKEA新三郷、コストコなどの大型商業施設、そのほかにラウンドワン・スタジアム、よしもと水族館などのアユーズメント施設も揃っているようです。
今度時間があったら新三郷まで見に行ってきたいと思います。
すみません・・・仕事での話しです

今まで海外ツアーしか扱いがなかったのですが、今回初めて国内の撮影ツアーを作ってみました。

『写真家・米屋浩二氏と行く 北海道廃線紀行 
旧国鉄広尾線・士幌線跡を巡る 帯広3日間』

10/23出発限定
最小催行:15名様から

1日目は、帯広到着後広尾線跡に残る幸福駅・愛国駅を訪れます。
2日目は、士幌線跡を1日かけて巡ります。
3日目は、出発までフリー

詳細はこちらで(PCのみ)
http://www.train-his.com/tour/asi_dom01.htm 北海道廃線巡りツアー

米屋浩二さんは、「ニッポン鉄道遺産」等の本を出されている方で、今回はいつもお世話になっている交通新聞の方を通じて紹介していただきました。
いろいろ探すと、他の旅行会社でも鉄道撮影ツアーを出していますが、今回は廃線ってところがポイントです。

なんだか個人的な趣味が満載の商品になってますが、果たして売れるのか・・・
という心配もあるわけですが、まぁ初めてなのでやってみないとわからない~

今回初めて一人で企画と値建て、カメラマンの手配など様々なことをやったので、結構大変でした
米屋さんはとてもいい方で、鉄チャン同士ツボも心得ているので、お話がしやすかったです。今回の行き際にあわせて、「ここも寄ってみたらどうですか?」と廃線の情報を提供してくれたりと・・・
次回もまたやりたいですね。(でもそのためには今回のを成功させないと・・・)

ってことで・・・ちなみに10/8までの販売ですので、お早めに~
先日痛めた腰ですが、昨日近所の鍼灸院に行ってきました

一見鍼灸院には見えないところでした。
中のデザインもちょっと洒落た感じで

受付で症状と受けたいコースを言って、問診票に記入
着替えを渡されて、更衣室で着替えます。
その後、今日は初めてだったので、症状とかについて細かく問診

それから施術となりました
腰から足にかけてまずは鍼をうってもらい、その後マッサージでした。

ここの鍼は滅菌済で一回ずつ使い捨てのものを使っていると説明を受けました。
鍼は昔に整形外科でやってもらったことはありましたが、それ以来でした。
全部で約60分ぐらいかかりました
やった直後はウソのように痛みも無くなり、腰も軽くなりました。
椅子での座りかたが悪いと、すぐに痛みがでてきましたけどね・・・

また2、3日したら行ってやってもらってこようと思います。
自由診療なので、少々お金はかかりますが効くのならね
お金には替えられませんから・・・。
何が痛いかって…?



腰を痛めちゃいました



一昨日仕事中にちょっと低いところの引き出しあけようとして、グキッとやっちまいました



もうそれから座っていても痛いのが取れず…昨日病院行って診てもらいました…

診断:椎間板の下から2番目のところの軟骨がやや摩耗してるっぽい…

痛み止め出しておくので様子見てください…


う~ん…

マジこれ痛いのよ…

で治るんかいな…

ヘルニアでないだけマシか…



今日は一応コルセット巻いて仕事です…
無いよりはマシだから…
今日はの4ヵ月健診でした。
10:30の予約だったので、10時に家を出て病院に。
この前レンタルしたベビーカーに乗せて出発です

今日かかる病院は先日のBCGを受けたところとは別の病院。
今後かかりつけ医にしようかなぁ・・・と考えている病院の一つです。
家から歩いて約15分。雨の日はちょっと大変かなぁ・・・とは思います。
ただがかかっている内科や耳鼻科・整形外科と同じビルに入っているので、場所はわかりやすいし、評判もいいところなのであとは実際にかかってみての雰囲気かなぁ・・・と思いました。

3階建ての1階にあって、スロープもありベビーカーでも難なく入れるのがまずいいですね
待合室の脇にベビーカーをたたまずに置けるスペースもあって、これも助かるなと思います
お母さん方が一人で連れてくる時は、いちいちたたんだりするのは大変ですよね

受付の人も優しく、病院の雰囲気もよかったですね。
予約していたのですぐに処置室みたいなところへ通されて、そこでまずは検温。それから「服を脱がせてオムツ一枚にしてください」といわれたので、ベッドに寝かせて脱がせました。タオルを渡されたので寒くないようにそれをかけておきました。
待っている間もに声をかけてくれたりと、親切でした。

最初に身長・体重・胸囲などを測りました。
身長は60.6cm

体重は6,080g

に成長していました
ほぼ標準的な体型でした。

そのあと、診察でした。
一通り診てもらって特に心配する点はないとのことでした
首の傾きのことや頭がいびつなのがやや気になっていたので、聞いてみましたが、「首が据われば次第に治りますよ」とのことで、一安心。

今日はこの前よりも少し長めの距離をベビーカーで移動しました。
もはじめて見る景色が気になるようでキョロキョロしていました。

今日は午後もベビーカーに乗せて本屋さんへ行ってきました。
序々にベビーカーの扱いも慣れてきました。
しかし、ベビーカーを押していると普段気にしないような段差も、とても気になりますね
夕方、ご飯を食べながらテレビのチャンネルを変えていたら、新幹線の映像が・・・
ついつい、見入ってしまう鉄の性・・・

テレビ朝日の「大人のソナタ」という番組。ちょうど始まったところのようだったので、そのまま見ていました。
今日のテーマは「あなたの知らない新幹線」
まず最初は新幹線の女性運転士の乗務に密着ということで運転室での映像が流れてました。
時速270kmの運転室からの風景は迫力ありますね~
3分に1本の割合ですれ違い、すれ違う時間はわずか3秒
いかに運行密度が高いかわかりますね。

そのあとはN700系の車体傾斜装置のヒミツと、日本車両豊川製作所での新幹線車両の製造工程が
鉄チャンにはこういうのがたまりませんなぁ~
普段、なかなか見られないですからね~。

そして、「世界の車窓から」の石丸謙二郎さんが登場
東京駅からドクターイエローにテンション高く乗り込んで、中をレポート
これもまた、なかなか見られないですからたまりませんねぇ~
石丸さんのテンションの高さがまた、面白かったんですけどね

なかなか楽しい内容でした。
しかしながら、この番組今回が最終回でした・・・残念

先日用品を買いに行ったときに、見つけて買ってしまったトミカのN700系です
先日、ダスキンのレンタルサービスでA型のベビーカーをレンタルしました。
そしてその品物が昨日届きました

今日、休みだったので、早速乗せて近所に買い物に行ってみました。
今回のレンタルサービスではベビーカーの車種が選べなかったのですが、送られてきたのはコンビの「メチャカルファースト」。
一度試したかった車種だったのでちょうどよかったです
名前の通りとても軽量で、お母さんも片手で開いたり閉じたりできるというのがポイントのようです
確かに軽くて、開いたりたたんだりは楽そうですね
実際乗せてみても対面式で試しましたが、乗せやすく便利そうです。
と、ここまではよかったのですが・・・
実際押していくと、車輪の振れ幅が大きく(自由度が高い)、小回りが利く半面、すぐ変な方向に行ってしまうのが難点でした
スーパーでは、通路が広いにもかかわらず、棚の方に曲がっていってしまって棚にぶつかりそうになったり・・・
斜面を走行するときの為の車輪の振れを固定する機構があるのですが、ロックしてしまうと本当に曲がらないのでそれも困るし

今回は1ヶ月のレンタルなので、今後慣れれば使いこなせるかなぁ・・・と。
あと、レンタルはいいですね。買う前に試せるので、買ってから失敗した~というのが防げますしね
今度B型を買うときの参考になりそうです。


それから今日は、初めての一緒にお風呂に挑戦しました。
初めてなので、今日はが抱いている間にを洗ってもらい、そしてが抱いて湯船に。
今日はもおとなしく入っていましたね。気持ちよさそうでした

また、一緒に入ろうね
さてさて、先日行われた衆議院選挙ですが、民主党がATフィー・・・もとい絶対安定数を奪い取って圧勝

その民主党ですが、マニフェスト(妄言)の中に公共工事のムダを省きます
というのがある・・・

そしてそこでは、群馬県の八ッ場(やんば)ダムと、熊本県の川辺川ダムの建設中止を訴えている。

このうちの群馬県の八ッ場ダムに触れたい。
場所は群馬県長野原町。
今回の建設計画場所には川原湯温泉街、そして地元群馬県では有名な景勝地で天然記念物の「吾妻峡」がある。
ダムの完成のあかつきには、これらは全て湖底に沈むことになる
そのそもこの八ッ場ダム、国の政策として58年前に計画されたもの。
その間には地元の強い反対もあり、なかなか計画自体が進まなかった。
その後紆余曲折の後、「吾妻峡」の約4分の3を残すなどの変更をした後に、1994年から工事用道路の工事が始まった。

この川原湯に住む人達は「国家政策」という名のもとに58年間も翻弄されつづけてきたのである。
もう、ダム本体工事のために住民を転居させるための代替地の造成や、水没する国道のバイパス、JR吾妻線の付け替え工事も進められている。
ここまで進んでいる事業を政権が変わったから簡単に「中止します」で済むのだろうか。
川原湯の町はダムに水没するということで、人口の流失に歯止めがかからないという。

群馬は私の実家のあるところでもある。
群馬県内の小学生なら絶対知っている「上毛かるた」(郷土かるたです)にも
「耶馬溪しのぐ吾妻峡」と謳われている。
昔から八ッ場ダムの問題は知っていた。私自身はその頃から反対だった。
何故、大都市に住む人間のために群馬県の景勝地を捨てなければならないのか今でもそのことは疑問として残っている。

山を崩し、景勝地を壊し、そして途中で放り出す。
放り出すほうはいいかもしれないが、残された人達のことを考えているのだろうか。保証金を払えば済むという問題ではない。
一度壊した自然は戻らないのだから。

こうした国策難民の人の声を聞いているのだろうか・・・。
川原湯温泉(PCのみ)



高速道路無料化なんてくだらないことを言っているのなら、高速道路料金を増額してもいいからその分を環境保護に使うとか、地方都市へのLRT導入助成に使うとか考えたほうがいいんじゃないですか???
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。