auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事から少し間が空いてしまいました(汗


さて、0系のカットモデルの先のところから外に出ます。
出ると右手に183系が2両1組で並んで展示されています。車内は開放されていて、お昼のお弁当を食べる場所にもなっています。

その先に広場が広がっています。広場の中央には小さな「はやぶさ」が子ども達を乗せて走っています。よく、SL版版見かますが、あれの新幹線版です。動力はモーターのようですが。

さらにその先にはE5系の形をしたすべり台があります。
その周りにはE233系の京浜東北線の形をした遊具もあります。

広場を走る小さな「はやぶさ」は無料で乗れます。一回では済まず、交代で3周させられました(笑)。

そろそろミニ運転列車の時間が近づいてきたので、乗り場へ向かいました。


スポンサーサイト
さて、お昼を食べて今度は2Fです。

エレベーターを降りて、ジオラマを見ようとジオラマ室の前で振り返ると子どもと嫁さんがいない…どうやら、ジオラマ室の手前にある、キッズスペースへ一目散に駆け込んだようです(^_^;)

理由:プラレールで遊べるから。


前に来た時もここで散々遊んだのに…とりあえず子どもは遊ばせておいて、その間に母上を連れて展示を見て回りました。嫁さんは子どもの相手。

一通り見て、キッズスペースで遊んでる子どものところに行って、嫁さんと交代。

ここのキッズスペースには自由に遊べるプラレールが置いてあるので、子どもたちでいつも賑わっています。
まあ、車両や線路は上手く譲り合って遊びましょう(^_^;)

しばらくそこで遊んだあと、1F中央に置かれた「C57135」がゆっくり回転しながら汽笛を鳴らす時間が近づいてきたので、ふたたび1Fに。12時と15時の1日2回あります。
1Fの転車台の周りにはすでにたくさんの人が集まっていました。
子どもが「見えない~」と言うので、肩車をしてやったところ大喜び。
直に実演が始まり、転車台が回りはじめした。
途中4回ほど汽笛を鳴らします。以前来たときは子どももまだ小さく、びっくりして泣き出してしまいましたが、今回はもう大丈夫でした。

この実演は15分ほどで終わります。

さて、ミニ列車までまだ時間があったので今度は外の「てっぱく広場」へ行ってみることに。

つづく




首都圏で子鉄クンにぴったりの施設といえば、大宮の『鉄道博物館』。

日曜日に行ってきました。

でも言い出しっぺは、子どもでも無く、自分でもなく、ばぁばなんです(^_^;)

理由を訊いてみたら、「まだ行ったことがないから…」だとか。

大宮駅で待ち合わせて鉄博へ。
まず目指すは屋外にあるミニ運転列車の整理券!
前回4月に来たときは整理券は無かったものの1時間以上待つことを強いられる行列だったので、断念しました。
この日は運良く整理券を入手できましたが、時間が16時~の回(汗

まぁ、それまでいるかどうか不明だったけれども整理券があれば乗れるので、貰いました。

まずは1Fのメインになるヒストリーゾーンを見学。
ちょこちょこと駆け回る子どもの後ろを追いかけていた記憶がほとんど…(汗

そのあと、少し早めにお昼をとることに。お弁当屋さんの近くにある休憩所の車両に席を取って弁当を買いに行きました。息子クンは子どもに人気の「はやぶさ弁当」。容器がはやぶさの形をしていて食べ終わったら、中を洗っておもちゃにもなります(笑)
中身も子どもが好きそうな物が中心でした。
自分はチキン弁当、嫁さんはパンダ弁当でした。
休憩所は線路側の席を取れば、埼京線や高崎線の列車が走っていくのが見えてそれだけでも楽しめます。
ちなみに休憩所に使われているのは455系電車。晩年は磐越西線の郡山口を中心に活躍していた車両です。


さて、そのあとは2階へ行ってみることに。

つづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。