auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、20日の日曜日に「E6系」の車両見学会に行ってきました。

E6系は2012年度にJR東日本が秋田新幹線に投入を予定している、新型車両です。
E5系「はやぶさ」との併結で東北新幹線内は最高速度320km/hでの営業運転を予定しています。

見学会に指定された受付時間が12:30~12:50ということだったので、それにあわせて大宮駅に向かいました。

この日は西口に近いよくイベントなどをやっているスペースに秋田物産展のブースができており、その脇に受付のカウンターがありました。
物産展のスペースでは秋田の名産品が販売されていたり観光名所の案内などがされているようでした。
男鹿半島で行われている「なまはげ」も来ており、記念撮影に応じていました(笑)
写真を撮りたかったのですが、子どもが怖がっていたので諦めて、受付カウンターへ向かいました。
当選通知のはがきと免許証を提示して、見学証を受取ると、一度1階のタクシー乗り場前の待合スペースへ行くよう指示されました。

だいたい1回あたり20名程度でしょうか。列に並んでいて順番に係りの人に案内されていきます。
新幹線改札の横を通り過ぎた先から、入れるようになっていてそこから新幹線ホーム16番線へ案内されました。単独なので中程に停まっているかと思いきや、つばさ・こまちの停車位置になる仙台寄りのところに停車していました。
ここでもホームで少し待機。
内装の撮影に関しては制限がなかったものの、外観に関しては撮影できる場所が決められていてそこでしか撮影が出来ませんでした。

外観を撮るなら反対側の17番線からのほうが、よかったかもしれませんね。。。

まずは11号車のグリーン車へ通されました。
111120 E6系グリーン車
さすがにミニ新幹線規格なので、車内は2+2列の座席配置で若干狭く感じました。
それでもさすがグリーン車、座り心地は良かったです。ヘッドレストの脇に読書灯がついているのがちょっと目新しく感じました。また、グリーン車は電動フットレストを備えており、手元のボタンを押すと調整ができるようになっていました。
グリーン車では割と時間がとられていましたが、次の12号車の普通車へ移るとちょっと座って写真を撮ってですぐまた移動になってしまいました。
見学のための開放は11~13号車の3両のみとなっていました。
111120 E6系普通車
13号車・普通車車内
6b6990a7.jpg
普通車座席・ヘッドレストを上下に動かせます。
また12号車の11号車寄りには、多目的室と車椅子対応大型トイレが備えられている為、同じ普通車でも13号車の定員が60名なのに対して、12号車は35名と半分強しかありません。

一通り見て終わりなのですが、結構急き立てられての感が否めませんでした。
見学時間も全部で20~30分位でしたし・・・。

少ない時間で写真を撮るのは結構大変でした。人が写り込まないように・・・とアングルを考えていてもなかなか他にも撮っている人がいて難しかったです。

先頭はE5系よりも、E6系のほうが好きですね。
さすがフェラーリのデザイナーが監修しただけあって、カッコイイです
111120 E6系先頭車
11号車・先頭部にはE5系との併結装置が格納されています。

早く、営業運転でのE5系との併結運転が見てみたいですね。
スポンサーサイト
大月13:50発のフジサン特急7号に乗って出発です。

展望車の一番前に陣取って後方の景色を楽しみながら終点の河口湖まで、約40分の小旅行です。

フジサン特急は、途中都留文科大学前、富士山、富士急ハイランドに停まります。
大月~河口湖間の特急料金は300円、その他展望車利用の場合は別に展望車着席券(定員制)100円がかかります。

途中駅で大月行のフジサン特急と行き違い。こちらも展望車が後の編成でした。
111022_フジサン特急_02
途中の下吉田の駅には、「スハネフ14 20」が置いてあります。テールマークには往年の寝台特急「富士」のサイン、方向幕には「特急富士 西鹿児島」の幕が入っています。
フジサン特急は下吉田は通過なので、車窓から眺めるだけで終わってしまいましたが・・・。

111023_富士山駅
富士山駅は旧・富士吉田駅で2011年7月1日に現駅名に改称されました。
天候の方はまだ雲の多い空模様でしたが、それでも富士山駅まできたら、雲の合間から富士山が姿を現しました。
最初は富士吉田でこんなに大きく富士山が見えるとは思わなかったので、ちょっとびっくりしました。
富士山駅からは進行方向が変ります。
今度は乗っていた展望車が先頭で進んでいきます。
富士山駅の次は、絶叫マシンで有名な「富士急ハイランド」。あれは苦手な人にとっては見ているだけで怖いですね(笑)

終点、河口湖駅に到着する頃には日が射して来ました。
パノラマエクスプレスアルプスの時は、中間に組み込まれていたので滅多にお目にかからなかった、元クモロの側です。
111022_フジサン特急_03

隣のホームには、大宮からの「ホリデー快速 河口湖号」が停まっていました。こちらは国鉄特急色に戻された183系6両編成でした。

改札口付近でやや雲のかかった富士山をバックに一枚111022_河口湖駅
駅からは、宿の車で今日の宿「大池ホテル」へ向かいました。

切りがいいのでこの辺で。
続きます。
一昨日、仕事から帰るとこんなものが届いてました。

dc2d3c4c.jpg


少し前に申し込んでいた秋田新幹線の次期新型車両、E6系の車両見学会の当選通知でした。

E6系は2012年度に秋田新幹線に投入され、将来的には現在「はやぶさ」で使用されているE5系と併結し最高速度320km/hでの営業運転が予定されています。

茜色の車両の写真はすでに鉄道雑誌のみならず、子ども向けの絵本にも登場しています。

今回は見学だけですが、一足早く実車を見られるのは嬉しいですね。

また、間があいてしまいました・・・(汗

さて、出発当日は新宿12:30発の「かいじ107号」に乗って大月まで。
新宿12:30発⇒【かいじ107号】⇒大月13:32着。
新宿駅で駅弁でも・・・と考えていたのですが、家を出る間際になって子どもがぐずりだし予定していた電車に乗れなかったので、新宿駅でも時間がなく、結局サンドイッチを買って乗り込みました。

少し前に中央線の高架化が完了したこともあり、三鷹から立川までの高架化した区間も興味がありました。

ちょうど高架化の工事が始まった頃、武蔵小金井に住んでおり、通勤にも遊びに行くにも中央線はよく使いました。
その頃乗っていた201系も先頃全て引退し、今はE233系の走る路線となった中央線を「かいじ」の車窓から眺めていました。
高架化区間に入ると、やはり高架化されて目線の位置が変ったこともあるでしょうが、以前見た風景とはまったくの別風景のように見えました。
昔住んでいた武蔵小金井は、駅の南側が開発されブロ友さんのブログやtwitterによく登場するイトーヨーカードーができていました。

高尾を過ぎると一気に山の中へと入っていきます。
天気はあいにくの雨・・・でしたが徐々に進むにつれて、空が明るくなってきました。
>>[河口湖温泉旅行~その2~]の続きを読む
少し前の話になりますが、10/22-23の1泊2日で家族旅行で山梨県の河口湖温泉に行って来ました!

もう少し早くUPしようと思っていたのですが、仕事が思いのほか忙しく時間が取れず、やっとのUPになりました

さて、今回は家族旅行といってもウチの家族、自分の両親、弟家族と子どもも含めて8名となりました。

最初の予定では父親が「勤めていた会社の保養所を取るよ」と言っていて、御殿場の保養所をあてにしていたのですが、この時期混んでいて、そこが取れず一ヶ月前になって急遽他を探す事になりました。

まぁ、実家のある群馬には温泉もたくさんあってそこでもよかったんですけどね。でも両親も70になるので、せっかくなのでもうちょっと違うところで探す事にしました。
弟一家は神奈川、両親は群馬に住んでいるのでそこからも行きやすい場所、且つ我が家は車がないので電車で行くのですが、電車でも行くのに困らないところを探しました。

候補として東伊豆があがったのですが、イマイチだったので・・・(親的には東京駅からスーパービュー踊り子に乗せてやろうと考えていたみたいですw)
自分も行ったことのない、河口湖温泉をターゲットにして宿を探しました。
河口湖なら神奈川に住む弟も中央道ですぐですし、電車で行くにも大月から富士急に乗ればいいというのがありました。
また、富士急を走る「フジサン特急」が家にあった「ママ鉄・子鉄」の本にもオススメコースで載っていたので、それを参考にしました。

さて、宿ですが河口湖温泉では「湖南荘」というところが有名な温泉宿です。
一応、「湖南荘」の空きも調べましたが生憎満室。同等のところで「大池ホテル」という宿で「富士山が見える部屋指定」の夕食個室プランでちょうど3室空きがあったのでそこを押さえました。1泊2食で大人が一人21,850円也
まぁ、やや高かったのですがせっかくの家族旅行ですから安かろう悪かろうでも困ります。
特に子どもがまだ小さいうちは、いろいろ気にしますしね。
夕食個室プランを選んだのも、みんなでゆったり夕食を取りたかったからなんですよね。
お食事何処だと、他所の人への気配りにも気を使いますしね。

結果的にはとても良かったです。
さて、あとは列車を押さえてとなります。

肝心の「フジサン特急」は乗車1ヶ月前頃に大宮にある日本旅行のカウンターに行ってあらかじめ買っておきました。
というのは「フジサン特急」に接続する特急「かいじ」からの乗換時間が20分少々だったから。
展望席の希望もあったので、当日すぐ買えるかどうかも不安があったのと、買っておけば写真も心置きなく撮れるという思いもあったからですが・・・(笑)
新宿からは、特急「かいじ」を使って。まぁ、時間が合えば大宮から出ている「ホリデー快速 河口湖」号を使っても良かったのですがなにぶんにも朝が早かったので、新宿からの「かいじ」にしました。

長くなったので、ここで一旦切ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。