auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事のUPが少々遅くなりましたが、先日観てきた映画の感想です。
この映画を見ようと思った訳は柳楽優弥君がでていたから・・・とちょっとミーハーな理由なんですけどね

彼は、2004年に映画「誰も知らない」でカンヌ映画祭最優秀男優賞を日本人最年少で受賞し、一気に注目を集めました。その「誰も知らない」も見たのですが、ほんとあの年であの演技かと感心しました。
その後も映画に出ていましたが、観る機会がなく今回久しぶりにこの映画で観ました。
最近車のCMでやはり「誰も知らない」で母親役をやっていたYOUと競演していますが、大きくなりましたね~。

さて今回の映画ですが、「包帯クラブ」とはインターネットを通して「傷ついた出来事を投稿→傷ついた人の傷ついた場所に包帯を巻きに行く→手当てした風景をデジタルカメラで撮影、投稿者のアドレスに送る」という活動です。
メンバーは不自然な関西弁のディノ(柳楽優弥)、しっかり者のワラ(石原さとみ)、恋に夢中なタンシオ(貫地谷しほり)、パソコンが得意なギモ(田中圭)、見た目は不良っぽいリスキ(佐藤千亜妃)。

大切なものが少しずつ失われていく毎日に、嫌気がさしている女子高校生のワラ(石原さとみ)は、ある日、病院の屋上のフェンスを乗り越えようとする。そのとき、奇妙な関西弁を話す入院患者の少年ディノ(柳楽優弥)が、突然ワラの前に現われる。手首に傷を負ったワラの心の傷を見抜いたディノは、ワラの手首からほどけ落ちた包帯をフェンスに結び付け・・・。

今回の映画のロケ地は実家の隣の高崎市。最初に観光名所の白衣観音が写った時に「あれ?」と思いましたが、そのあと出てきた病院の屋上からの風景になんか見たことあるデパートなど・・・見ているとあそこも、ここも・・・と高崎の街のあちこちが出てきました。特に最初にディノとワラが出会う病院なんか、自分や弟が生まれた病院だったりして、なんかそういうところが映画に出てくるのってすごいですよね。
映画の中身のほうも柳楽優弥はすっかり成長して「誰も知らない」の頃の面影は全くなかったものの存在感あるキャラクターで見ていて楽しかったですね。
最後にディノが自分の中で大きな傷になっている、1年前の出来事でケガをして体が不自由になってしまった同級生を見舞うシーンはジーンときましたね。

オススメできる1作でした。
9/19 2007 MOVIXさいたま

今日、ちょっと祖母の見舞いで高崎に行ったんですが、高崎駅ビルにあるFM高崎のサテライトスタジオはこの映画にちなんで包帯が巻かれて?いました。

それから主演2人と監督のサインが飾ってありました。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://kissabou.blog.fc2.com/tb.php/167-5cebedf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。