auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のニュースで、来年3月のダイヤ改正で東京~大阪間を走る最後の『寝台急行』【銀河】が廃止になることを知りました
あわせて、京都~熊本・長崎間を走る【なは】【あかつき】も廃止になるそうです。
そのほか減便になる予定なのが上野~札幌間の【北斗星】、大阪~青森間の【日本海】。それぞれ1日2往復が1往復に減便予定とのこと

さらに、09年3月のダイヤ改正では最後の東京発のブルトレ【はやぶさ】【富士】も廃止になる予定とか・・・

廃止の最大の理由は「利用率の低迷」それに加えて「車両の老朽化」「夜間要員の確保の難しさ」があるようです。

「夜汽車に乗って旅をする」なんてのは、近い将来できなくなるのかもしれません。
たしかに東京~九州間は新幹線や、飛行機のほうが時間もかからないし、料金も安いですしね。
ただ、夜間移動できるというのは結構旅行するときにはポイントだと思うんですね。寝ているうちに目的地へ運んでいってくれるわけですから。

「カシオペア」や「トワイライトエクスプレス」、「サンライズ出雲・瀬戸」は当分生き残るでしょうけど、その他の寝台列車は今のままでは存続が厳しいでしょうね。

自分が初めて乗った寝台列車は、JR化後で当時リニューアル間もない博多行「あさかぜ1号」でした。初めてB寝台に2人個室「デュエット」が導入されあわせて4人用個室の「カルテット」も連結され、食堂車もリニューアルされて今の「北斗星」の食堂車のようでしたね。夏休みだったせいもあるでしょうが、結構な混雑でした。
思い返すと、九州寝台はこの頃が最後の輝きだったのかもしれません。夕方5時頃になると九州方面への寝台列車が次々と発車していました。1番手は「さくら」でそのあと「富士」「はやぶさ」「みずほ」「出雲」「あさかぜ(博多行)」「あさかぜ(下関行)」「瀬戸」といった感じでしたね。

国鉄分割民営化心配されたのはこういった何社にもまたがって走る夜行列車の扱いでした。結局は24系25形以降、新造されたのはJR東日本のE26系(カシオペア)だけでそのほかは寝台列車(客車)の新造は行われませんでした。285系「サンライズ」も現状の本数から増える様子もありません。

最近、鉄道旅行がクローズアップされ見直されていますが、新幹線でビューっと行ってしまう感じのするものばかりです。
もう遅いのかもしれませんが、寝台列車の見直しがされればいいなと思っています。
仕事でヨーロッパの鉄道手配をしていると、結構何ヶ国も周遊するお客さんの行程をみてると1回は夜行列車が入っているんですね。ヨーロッパは国同士が陸続きというのもありますが、国際夜行列車がかなりあります。
パリ~ミラノ・ヴェネツィア・ローマ間の「アルテシアナイト」をはじめ、チューリッヒ~ベルリン・ドレスデン・ハンブルグ・アムステルダム他を結ぶ「シティナイトライン」、パリ~マドリッド・バルセロナ、ミラノ~バルセロナ他を結ぶ「エリプソス」などなど沢山の国際夜行列車があります。そのほかにもまだまだあります。

これらの夜行列車と日本の寝台列車の大きな違いですが、ヨーロッパの寝台はやはり個室が多いんですね。それもバラエティにとんでいて、1人・2人・3人・4人用、そのほかクシェットといわれる簡易個室寝台が4人用・6人用、あと座席車もあります。ちなみに、クシェットは日本のB寝台をコンパートメントにした感じです。ただカーテンは個々の寝台にはついていません。
それからココが日本と大きな違いですが、ヨーロッパの寝台は相部屋が原則ということ。これは日本と違いますよね。
日本で個室寝台を取ろうとすると、個室定員に満たない場合は足りない人数分の特急料金・寝台料金を払わなければなりません。当然割高になるわけです・・・。ただこの点は国民性といったものもあるので仕方ないと思います。

あとは料金ですね。A寝台車に相当する1等寝台は当然高いですが、2等寝台とクシェットは割と安いです。
日本の場合、B寝台で寝台料金だけで¥6,300しますからそれに特急料金¥3,150がプラスされて結局¥10,000近い金額になります。それに対してヨーロッパですと料金体系が根本的に違うので比較は難しいのですが、寝台料金は通常のB寝台とクシェットで比較した場合、日本の半分強ぐらいの料金で済むでしょう。

日本の寝台列車の衰退には、設備の面(食堂車の廃止)などもありますが、やはり料金が高いということがあります。正直、今のB寝台(開放)だったら「ゴロンとシート」と同料金ぐらいでいいような感じがしますね。

あと、可能なら寝台電車を増やしてもらいたい。「サンライズ」は2回ほど乗りましたが快適でした。貨物でさえ、コンテナ電車というのが登場するぐらいですから、寝台電車で快適にそして有効時間帯に目的地に到着できるようなダイヤが組めれば、問題はないように思うのですが・・・。
事実、東京~高松間では飛行機は苦戦しているようです。
結局今の寝台列車は客車で運行されているために、同区間を走る電車特急のスピードアップの妨げになるということもあるようです。ある程度の走行性能を持たせればその心配もないでしょう。

いつの日か、「ブルートレイン」という言葉は過去のものとなり博物館でしかみることのできないものになってしまうのだとしたら、非常に残念なことだと思います。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
私が初めて乗った寝台列車は『はやぶさ』の東京博多で、幸運にもソロの二階を確保。

二段ハネと同料金でこの快適さ

当時は感動ものでした。
2007/12/01(土) 23:40 | URL | 西多摩人 #79D/WHSg[ 編集]
なんとか銀河は残せると思ってたんですけどね。大阪→東京を二回利用しました『夜間要員の確保』は責任転化ですよね。『夜行列車運転に携わる関係社員の深夜割増手当』〉『夜行列車による利益』がホントのところですよね。
2007/11/23(金) 07:47 | URL | えびの2号 #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは

猫麻呂さんの切なる思い、願いが伝わってきました。

私も廃止の話を聞いた時は驚きましたよ。

降りることを気にぜず、色んな風景を楽しめる寝台列車、私も好きです。

寂しいですね。
2007/11/20(火) 22:14 | URL | ユビスキューレ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://kissabou.blog.fc2.com/tb.php/178-77bdff53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。