auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、の服(妊娠して合うものがないので・・・)と腹帯を買いに浦和へ。
買い物も終わり、ついでに寄った本屋でこんな本を見つけました。

南 正時著「0系新幹線から始まる 昭和の鉄道風景」
実業之日本社刊:JIPPI Compact
762円+税

0系に始まり、国鉄時代の優等列車、機関車、連絡船、都会を走った身近な電車、そしてローカル私鉄と広範にわたって書かれています。すでに廃止になったローカル私鉄の記述はなかなか興味深いところがあります。
新書サイズなのでちょっと通勤時やお昼休みに読むのにもいいかもですね


そしてもう一冊、こっちは少し仕事でも使えるかな~と思い購入しました。
櫻井 寛著「鉄道世界遺産」
角川書店刊:角川oneテーマ21
838円+税

こちらは世界遺産に指定されている5つの鉄道と、それに匹敵するであろう路線を著者が厳選して載せています。
ちなみに現在ユネスコの世界遺産に指定されている鉄道は次の5つです。
・センメリング鉄道(オーストリア)
・ダージリン・ヒマラヤ鉄道他、山岳鉄道群(インド)
・ブタペスト地下鉄M1号線(ハンガリー)
・ムンバイ・チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス(駅)(インド)
・レーティッシュ鉄道 アルブラ/ベルニナ線(スイス)

この中で比較的有名なのは、『ダージリン・ヒマラヤ鉄道』と『レーティッシュ鉄道・ベルニナ線』でしょうか。特に後者は「ベルニナ特急」が走るルートとして有名な路線です。『ベルニナ特急』の名前を知らなくても、箱根登山鉄道の『ベルニナ号』は知っている人が多いはず・・・。そのベルニナ号のもととなっている列車です。

海外の鉄道旅行をされたい方にはお勧めの1冊です
私の場合は、仕事にも役立てることができるので、一石二鳥ですが(笑)
こちらも新書サイズなので、かさばらなくていいですね
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
こんばんわ。



今思い出しましたが、初代新幹線の形式を0系と呼ぶという事実をはじめて知ったのが、小学校3年のときに買ってもらった南正時氏監修の鉄道大図鑑っていう"小さな"本でした。 当時は0系しかありませんでしたからね。 その本は残念ながら今はもうありません。 しかしこの本から鉄道車両の形式を覚えた最初の本でした。


2008/11/17(月) 20:12 | URL | クロ503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://kissabou.blog.fc2.com/tb.php/310-54e6410e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。