auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理想の寝台列車【1】の続きです。

≪プレミアムトレインの設定を≫
現行の寝台列車の中には、車両を新製した「カシオペア」や従来車両の改造による「北斗星」「トワイライトエクスプレス」といった人気列車もある。
こういった列車は、客車列車のまま残し他の電車タイプの夜行列車とは一線を画した存在にすべきであろう。
「カシオペア」はともかく「北斗星」「トワイライトエクスプレス」は今後専用編成を新造し投入しても良いのではないかと思う。
そして寝台専用とした上で夜行列車の上位の「プレミアムトレイン」として存続をさせていくべきだと思う。
料金のところで触れたが、他の夜行列車に比べて割高な料金を設定してもいいかと思う。それだけの対価を払うべきサービスの整った列車に整備することが前提にはあるが。

≪今後の課題≫
一番には、各旅客鉄道会社の意識の変化が必要だと思われる。現在の状況だと「寝台列車は儲からない→サービス低下→利用者離れ→本数削減→さらなる利用者離れ→廃止」という構図はなくならないように思う。
各旅客鉄道会社は、寝台列車をもっと商品として生かしていくという考えが必要だと思う。
確かに人気の高い「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」といった列車の場合は新型車両を投入したりといった意欲もみられるが、そのほかの寝台列車にいたっては車両のメンテナンスさえおざなりにされているのでは?と思える節がたびたび見受けられる。一番目に付くのが外装の塗装の剥がれ。「北陸」「あけぼの」といった列車をみているとこういうものが非常に目に付く。あれでは乗るほうも「次回も利用しよう」という気持ちにはならない。
現在の車両自体が経年劣化の激しいものばかりだからとも言える。もう何年も前からいろいろなところで寝台列車の車両の劣化については言われているにも関わらず、延命工事や車両の新製といったものは全くといっていいほど見受けられない。
結局、「採算が取れないから」というところが本音だろうが、それなら採算がとれるような魅力ある列車にする努力をしたのか?と考えてみればこれもまたない。これではダメだろう。
あとは各鉄道会社の縄張り意識だろう。何社にもまたがって運行される夜行列車の場合、各鉄道会社の意見の調整が必要になってくる。それであれば、いっそのこと寝台列車を専門に走らせる子会社をJR各社の協同出資で立ち上げ、そこへ移管するというのはどうだろう。車両と乗務員だけを保有する形になり、現在JR各社で保有する寝台列車を一本化できるため、JR各社は寝台列車の収益について気にする必要がなくなる。(この場合、JR各社は第三種鉄道事業者になり、寝台専門の会社が第二種鉄道事業者となる)
実際、海外ではこういった例もある。ドイツには「シティナイトライン」という寝台列車が国内・国際線を走っているが、この「シティナイトライン」はDB(ドイツ鉄道)の保有ではなく、「シティナイトライン社」という寝台専門の会社があり、そこが保有・運行しているのである。
なかなか日本には馴染みのない形態だが、検討の余地もあるものだと思う。


長々と2回に分けて書いてきましたが、昨今の寝台列車の激減ぶりをみるにつけ寂しい限りです。新幹線は確かに早く快適に運んでくれますが、寝台列車には寝台列車の良さがあります。最近消えつつある旅情というものが蘇ってくれることに期待したいですね
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
N.Kさん

コメントありがとうございます。

利用者側の認知度の低さというのは、やはり鉄道会社側の宣伝不足だと思います。

鉄道会社にとっての商品は列車になるわけですから、自社の商品宣伝も大してせずに「利用がないので廃止します」というのは納得がいきません。

鉄道旅行が見直されてきているなかで、ローカル線の旅といったものも商品化されています。

それならば、寝台列車の旅というのも商品として作り需要を喚起すべきでしょうね。
2008/12/22(月) 17:08 | URL | 猫麻呂☆ #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは

一昨日、NHKのニュースでも「はやぶさ」「富士」の廃止について伝えられました。

これで東京駅からもブルートレインが全て消えるということは、なにかひとつの時代の終わりのように感じます。いよいよ来るべきときが来たかという思いです。

猫麻呂さんの仰ることは、まさに素人の私なりに考えていたことを代弁してくださった感じですね。電車化、個室化、そして座席車もという考えですね。こうすることで区間や設備、ひいては料金面での選択の幅が広がり、利便性の向上につながると思います。そういった意味で「サンライズ…」は理想に近い形だと思うのですが、こちらも利用率が低いことが残念です。

もうひとつは一般の利用者の持つイメージの問題もあるのでしょう。それどころか、いつの間にか寝台車の存在すら知られていないという現状を変えていく必要があるでしょうね。

長々と失礼しました。
2008/12/21(日) 17:41 | URL | N.K. #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://kissabou.blog.fc2.com/tb.php/330-cdea8807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。