auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正月三が日、みなさんはいかがお過ごしだったでしょうか?
我が家は、実家へ帰省し久々に弟夫婦とも顔をあわせ、家族全員が揃った正月でした。2日には祖母の家に年始の挨拶に行きました。
そこで叔父からある貴重なモノをいただきました。
さて、その貴重なモノとは・・・

普通に見ればタダの鉄くずなのですが・・・

それがこの品です。
(花壇に立てかけてある、鉄の塊です)


これは、アプト式線路で用いられていた、ラックレール(歯車を噛み合わせるための線路)です。これは、旧JR信越本線の横川~軽井沢間で実際に使われていたものです。
信越本線のこの区間は、現在は長野新幹線ができたので平成9年9月に廃止されています。アプト式はこの区間が昭和38年に新線になるまでこの区間が明治26年に開通してから、ずっと使われてきました。
この区間は1000分の66(1000m走るごとに66mの高低差がつく)という急勾配路線で有名で昭和38年に強力な新型電気機関車が開発されるまで、機関車についた歯車を、通常のレールの間に敷かれたラックレールにひっかけてこの勾配を登るという方式(アプト式)を使っていました。
ちなみに現在でもこの「アプト式」を使っているところが一つだけあります。静岡県の大井川鉄道・井川線です。ここは1000分の90という日本で一番の急勾配が存在する区間があり、そこで用いられています。

今回もらってきた、このラックレールですがアプト式の廃止後は横川駅付近で側溝の蓋に用いられていたりしますが、ほとんどは廃棄されて残っていません。叔父がとある所で残されていたものを譲り受けてきたとのことで、自分に「欲しかったら持っていっていい」というので、ありがたく頂戴してきました。

自分にとってはちょっと嬉しい「お年玉」になりました
「なんでも鑑定団」に出したら値段はつくんでしょうか・・・ちょっと興味があります。
ちなみに長さ約85cm、重さは約15kgあります。
重くて持ってはこられなかったので、実家の物置に大切にしまってきました。
こうやって、実家には次々と鉄道グッズが貯まっていくのでした。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
北乃米粒さん



どのくらいの価値があるかはわかりませんが、歴史的価値と実際にきちんとした形で残っているという点を考慮すると、それなりに○十万円はつくのではと思っています。

こういうのよく売っているんですが、これを短く切ったものを売ってるので、一本まるまるってのはなかなか無いんですよ。





リコリスさん



磨いちゃうとどうなんですかねぇ・・・?

古物はそのままのほうがいいって、よくいいますよね。

飾っておきたいのはやまやまですが、飾る場所が無くて・・・あれば、飾りたいですね♪
2007/01/05(金) 20:13 | URL | 猫麻呂☆ #79D/WHSg[ 編集]
おはようございます

嬉しいお年玉になりましたね

そういう区間があるのは聞いたことありましたが、アプト式って言うんですねぇ

こういうのって磨いてしまったらあんまし意味が無くなっちゃうんですかね

出来たら飾っておきたくなりませんか
2007/01/05(金) 08:33 | URL | リコリス #79D/WHSg[ 編集]
どれくらいの価値は…よくわかりませんが

マニアには

たまらない品なんですね…

家には宝は

全くありません
2007/01/04(木) 01:13 | URL | 北乃米粒 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://kissabou.blog.fc2.com/tb.php/40-e7d57d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。