auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、先日行われた衆議院選挙ですが、民主党がATフィー・・・もとい絶対安定数を奪い取って圧勝

その民主党ですが、マニフェスト(妄言)の中に公共工事のムダを省きます
というのがある・・・

そしてそこでは、群馬県の八ッ場(やんば)ダムと、熊本県の川辺川ダムの建設中止を訴えている。

このうちの群馬県の八ッ場ダムに触れたい。
場所は群馬県長野原町。
今回の建設計画場所には川原湯温泉街、そして地元群馬県では有名な景勝地で天然記念物の「吾妻峡」がある。
ダムの完成のあかつきには、これらは全て湖底に沈むことになる
そのそもこの八ッ場ダム、国の政策として58年前に計画されたもの。
その間には地元の強い反対もあり、なかなか計画自体が進まなかった。
その後紆余曲折の後、「吾妻峡」の約4分の3を残すなどの変更をした後に、1994年から工事用道路の工事が始まった。

この川原湯に住む人達は「国家政策」という名のもとに58年間も翻弄されつづけてきたのである。
もう、ダム本体工事のために住民を転居させるための代替地の造成や、水没する国道のバイパス、JR吾妻線の付け替え工事も進められている。
ここまで進んでいる事業を政権が変わったから簡単に「中止します」で済むのだろうか。
川原湯の町はダムに水没するということで、人口の流失に歯止めがかからないという。

群馬は私の実家のあるところでもある。
群馬県内の小学生なら絶対知っている「上毛かるた」(郷土かるたです)にも
「耶馬溪しのぐ吾妻峡」と謳われている。
昔から八ッ場ダムの問題は知っていた。私自身はその頃から反対だった。
何故、大都市に住む人間のために群馬県の景勝地を捨てなければならないのか今でもそのことは疑問として残っている。

山を崩し、景勝地を壊し、そして途中で放り出す。
放り出すほうはいいかもしれないが、残された人達のことを考えているのだろうか。保証金を払えば済むという問題ではない。
一度壊した自然は戻らないのだから。

こうした国策難民の人の声を聞いているのだろうか・・・。
川原湯温泉(PCのみ)



高速道路無料化なんてくだらないことを言っているのなら、高速道路料金を増額してもいいからその分を環境保護に使うとか、地方都市へのLRT導入助成に使うとか考えたほうがいいんじゃないですか???
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
みちしおさん



こんばんは。

国政・・・一国の国民の未来を左右するわけですから、ゴメンナサイでは済まないですよ



軽い気持ちで政権交代してほしくないですね
2009/09/02(水) 22:33 | URL | 猫麻呂☆ #79D/WHSg[ 編集]
おはようございます

某政党の幹部は政権交代して失敗したらごめんなさいと謝ればいいなんて言ってましたよね

国政を決めることですからそのために一票を投じているわけですからしっかりして欲しいものです

ちなみに自分も民党には投票してません
2009/09/02(水) 08:38 | URL | みちしお #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://kissabou.blog.fc2.com/tb.php/432-55f31a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。