auone blog閉鎖後、livedoorに移転、そしてこのたびfc2へ再度移転してきました。流浪のblogですがよろしくお願いします。 鉄道趣味と子どもの成長を記録しています。 目指せ!『子鉄育成計画』(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きです。

翌日朝、家のすぐ近くのメディカルモールにある皮膚科に行きました。
ここも、皮膚科なんですが美容皮膚科とかもやってるところなので、どうかな~と思いましたが、もし毎日消毒に通うなら近いほうがいい!ということで、ここにしました。

昨日行った病院は中規模の病院だったので、待ち時間もそれなりでしたが、今日のところはあまり待たずに診てもらえました。

やはり皮膚科の先生のほうが詳しいようで、が気になっていろいろ質問をしましたが納得のいく答えが得られたようでした。

今日は患部に塗る軟膏を処方されました。(ちなみに昨日の病院は薬は一切処方されませんでした)

今のところまだ水ぶくれになっています。
当の本人のは、痛がる様子もなくいつもどおりに過ごしています。

火傷は痕が残ることがありますが、まぁ、男の子だし・・・とは思っていますが、はそうでもないようです。
痕が残ることを非常に気にしていました。
やはり、子どもに痕が残るかもしれない怪我をさせてしまったことは反省しなくてはいけないと思いますが、命にかかわるほどのことでもないし、患部も腕の外側のところなので、目立たないかな・・・と思っています。

実際自身も火傷を小さいときに経験していますが、痕なんて段々わからなくなってきますからね。

あと、ネットで病院の評判などを調べるときも口コミにかかれていることを鵜呑みにしすぎない、頼り過ぎないことが大事だな~、と感じました。また、ネットは情報が溢れすぎていて、いかにその中で自分に必要な情報の取捨選択をしていけるかという点もを見ていて感じました。

今回はいろいろ反省し、また学ぶ点も多かったです。
これを教訓に今後の育児に役立てていきたいですね。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
中途半端ヲタさん



これで危険だということを学んでくれると助かります



ヲタさんのところは、娘さんですからやっぱり怪我は気をつけないと痕になっちゃいますからね。女の子の場合はもっと深刻な問題になってきますよね。



気をつけてみてあげてくださいね
2010/12/10(金) 23:31 | URL | 猫麻呂☆ #79D/WHSg[ 編集]
汗かきこぶたさん



お医者さんってのは・・・まぁ、お医者に限ったことではないのでしょうけど・・・当たりはずれがありますよね~。



特に医者の場合は、下手したら生命にかかわってきますから事は重大ですね。



昔はいいお医者さんが多かったような気がするんですけどね~。
2010/12/10(金) 23:27 | URL | 猫麻呂☆ #79D/WHSg[ 編集]
Longさん



子どもの頃って、あとから考えるとアホなことやって、怪我するんですよねw

なんでですかね?



やっぱり、親は気が動転しちゃうんですよ。

特に初めての子どもだと、何もかもが親にとっても初体験ですからね。
2010/12/10(金) 23:22 | URL | 猫麻呂☆ #79D/WHSg[ 編集]
おはようございます

タイトルから見てギョッとするハナシでしたけど軽度だったのはよかったですね

こういう経験で危険性が理解できるんですよね

多少の痛みを知るのが一番いいのかもしれないですよ

痛みを知らないのでは無知なままになるし、逆に度合いが酷いと後遺障害だの死亡だのになりかねません

真幸ちゃんには傷跡も残りそうな感じもなさそうで経験としてはなかなかいい具合だったのかも

私も幼少期にリンゴを切ろうとして人差し指を半分以上切るケガをしました

血まみれでオロオロしたわりにはどうってこともなく意識せずとも傷跡すらありません

今はそのケガが右手か左手かすら覚えてませんよ

注意一秒ケガ一生

ともあれ貴重な勉強になったようですね
2010/12/09(木) 08:57 | URL | 中途半端ヲタ #79D/WHSg[ 編集]
お大事に

お話の続きを見て安心しましたが

病院って本当に嫌ですよね

中にはいい先生もいらっしゃるのでしょうけど

確かに向こうからしたら数ある中の1人なんでしょうけど

心の通わない右から左への診察は…

嫌ですな~
2010/12/09(木) 01:58 | URL | 汗かきこぶた #79D/WHSg[ 編集]
2歳くらいのころ、火のついた手持ち花火の火炎部分を掴んで火傷した、という親から聞かされたエピソードを思い出してしまいました。当の本人は全く覚えておりません(笑)。



事故現場が父の実家で、お盆休みだったこともあり、どこに見せたらいいかわからなかった母親は、気が動転したのか救急車を呼んだとのこと。大袈裟な、と思いますが、やっぱり親としては一大事なんでしょうね。



しかし、花火を掴むなんて、我ながらアホな子供だったんだな~、と
2010/12/09(木) 01:11 | URL | Long #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://kissabou.blog.fc2.com/tb.php/563-c5134053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。